一人暮らし 生活費 節約

MENU

生活費を考える!ネコ仙人流、一人暮らしメリハリ節約術

一人暮らしをする上で、一番の課題が生活費!

 

どれだけ節約できるかによって貯金額も変わって、将来の生活に大きな影響を与えるじゃろう。

 

しかし、やたらめったら節約すれば良いというわけではない、メリハリが必要なんじゃ!

 

 

先行き不透明な世の中で、一人暮らしをするということは非常に心細いことじゃな。

 

ワシも、将来への不安がまったく無いわけではない。

 

明るい未来を作れるのは、仕事と貯金じゃ。

 

その貯金がいくらできるかは、毎月の生活費にかかっておる。

 

早速、ネコ仙人流、一人暮らしメリハリ節約術を伝授するぞぃ!

 

食費は1食200円を目指す!

食費は工夫次第でどれだけでも抑えることができる。

 

昔会った強者は、毎食、食パンで過ごしておったぞ!

 

その代わり、やはり顔色が悪かった。。。

 

若いうちはそれでも通用するかもしれんが、30歳を越えるとそうもいかん。

 

社会人は身体が資本じゃ。

 

ましてや一人暮らしで病気を患うと、非常に面倒じゃ。

 

若いうちの無理が祟って、歳をとってから健康で悩むことにもなりかねんからの。

 

しっかりと栄養を取りつつ、節約できるギリギリの金額が、1食200円ぐらいじゃろう。

 

コレ以上低くすると、食品の質が落ちるわ、味が落ちるわ、、、

 

食に対する楽しみが無くなってしまうじゃろう。

 

一人暮らしでは、新鮮な食材、特に長持ちする野菜(キャベツ、じゃがいも等)を、道の駅や地元密着型の八百屋さんから買うのが良いじゃろう。

 

ネットでも、こういった野菜セットがお値打ち価格で手に入る。

 

 

野菜は意外と安いし、料理も簡単だし、油が出ないから皿洗いなどの後片付けも簡単なんじゃ。

 

弁当持参は基本じゃ!

生活費の節約を語る上で、弁当抜きで話しは進められん。

 

一人暮らしのランチの質を上げるかどうかは、このお弁当の存在にかかっておる。

 

もちろん、このお弁当の予算も1食200円になるように努力するんじゃ。

 

玉子焼き、野菜炒め、ミートボール、などの定番オカズはもちろん、カレーやシチューなど、大量に作れて日持ちするものをオカズとして弁当にするのもオススメじゃ。

 

ワシがいつもお世話になっているのが、こちら、S&Bさんのキーマカレーじゃ。

 

 

スパイスとカレー粉がセットになっていて、本格的なカレーが作れる。

 

ワシは、よく日曜日に、ビールを飲みながらカレーを作っておいて、2,3日はカレーのアレンジ料理で過ごしたりしておるぞ。

 

  • カレーライス
  • カレーピラフ
  • カレーうどん
  • カレー風味の野菜炒め

 

などなど、カレーは万能調味料と言っても過言ではない。

 

野菜も沢山採れるしオススメじゃな。

 

1週間の献立を考える上で、ぜひ、学校や職場にお弁当を持っていくことを考えてみて欲しい。

 

コーヒーも豆を買って自分で淹れる!

最近は便利になって、コーヒーがコンビニでも買えるようになったのー。

 

しかも挽きたてじゃ。

 

ワシも、お世話になる時もある。

 

しかし、毎度毎度買っていると、それこそ1日に2回飲んだとして、200円、1月に6000円の出費じゃ。

 

コーヒー豆を買って、自宅で飲むと1回あたり、50円程度じゃ。

 

ワシのオススメは、こちらの小川珈琲さん。

 

 

180g入っておるから、だいたい10回分ぐらいかの。

 

ランチ後の一服も、自販機ではなく、お気に入りの魔法瓶なんかを買っておいて、コーヒーを持っていく、なんオシャレも楽しめる。

 

スタバや自販機、コンビニでコーヒーを買う人よりも、自分で淹れたコーヒを持ってきている人のほうが、心が豊かなんだろうなといつも思う。

 

コーヒーだけではなく、もちろんハーブティーなんかも持参するとピクニックみたいで楽しそうじゃな。

 

秘技、、、米は実家に送ってもらうの術

自炊をするうで最も頼りになるのが、何と言ってもお米さんじゃ。

 

ワシも一人暮らしで節約していた時には、時にはオニギリだけのランチもあったの。

 

海苔を巻いて、梅干しを入れておくだけでも、意外と美味しく頂けるものじゃ。

 

そして、そのお米を実家から送ってもらうようにすると、ご両親も安心するんじゃな。

 

ご両親というのは、子供のことが何を置いても一番心配なんじゃ。

 

その安否確認を含めて、月に1回、お米を送ってもらうようにすると、喜んでくれるじゃろう。

 

「一人暮らしを始めたばかりで節約もしたいし、もし良かったらお米を送ってもらえないかな?」

 

と甘えてみると、意外に喜んでくれるじゃろう。

 

自分でお米を買うなら、スーパーよりも通販が良いかもしれん。

 

こういった、お値打ちな価格帯で翌日配送してくれるお店を選ぶと良いじゃろう。

 

10kgでこの値段はかなりオトクじゃな、、、ワシも買おうかのぅ。。。

 

 

通販だと、10kgとか重いお米をエンヤコラと運ばなくて済むのも大変有り難いの。

 

ワシのようなものが重量級のお米を運んだら、それこそ翌日は腰痛で動けなくなるじゃろうて。

 

大地の恵みをたっぷりと含んだ美味しいお米を、美味しく頂けるのは、本当に幸せじゃ。

 

食パンは救世主

月末、お給料前にお金が・・・

 

ということは、誰もが一度は経験することではないじゃろうか。

 

ワシも、もちろん経験したことがある。

 

そんな一人暮らしのピンチを救ってくれるのは、消費者金融ではない。

 

食パンじゃ!

 

食パンを駆使すれば、1食100円以下に抑えることも十分可能じゃ。

 

近くにパン屋さんがあれば、チェックしておくと良いぞ。

 

通販でも、美味しそうなパンが売っておる。

 

 

スクランブルエッグやベーコンを乗せて食べたり、少し工夫するだけで、ものすごく美味しくなるからの!

 

浄水器の節約術

一人暮らしを始めた際に、一番驚いたのが水道水の薬臭さじゃ。

 

都会に引っ越しをする前に住んでいた場所が、山に近い土地だったのために水道水も大変美味しかったんじゃ。

 

もちろん、ご飯を炊いても、蕎麦を茹でても大変美味しかった。

 

水道水の薬臭さ対策として考えたのが、浄水器。

 

その中でも、最も使いやすくてお値打ちだったのが、これじゃ。

 

 

それまでは、浄水器と天然水のダブルで対応しておったから、月に1万円ぐらいかかっていたかもしれん。

 

しかし、この浄水器に変えてからは、天然水を買う必要が無くなったために、5000円は節約できとる。

 

カートリッジも2ヶ月持つということじゃから、とっても経済的じゃな。

 

通信費を節約!携帯での長電話を控える

一人暮らしの節約で意外と盲点になりがちなのが、通信費じゃな。

 

ワシは以前は、JCOMのインターネットとテレビのセットで1万円というサービスに入っておったが、気がついたらテレビを全然見ておらんかった。

 

で、変更して今はネットだけで月額5000円。

 

しかし、JCOMの場合、プランを変更する際に手数料が発生してしまった。

 

数千円じゃったが、最初から必要最低限にしておけば良かったなと後悔したことを覚えておる。

 

動画を頻繁に見ないようなら、スマホのデザリングで十分じゃろう。

 

携帯電話の長電話を控えることも大切じゃ。

 

長電話をしたい相手がいるなら、スカイプ、ライン、ソフトバンク同士になる等、無料通話ができる環境を整えると良いじゃろう。

 

旅行は豪勢に!

一人暮らしの節約は、メリハリが大切じゃ!

 

ずっと節約生活ばかりだと、息が詰まってくる。

 

日々、節約をしているんじゃから、旅行に行く時には、ぜひ豪勢に遊んで欲しいところじゃ。

 

こういった週末セールを利用すると、お得に旅行もできるから嬉しいのー。

 

 

ちょっと良い部屋に泊まったり、いいものを食べたり。。。

 

考えるだけでも楽しくなってくる。

 

  • 旅行
  • 食事
  • デート
  • 夢に向けた貯金

 

何のために節約するのか、その目的となる何かを抱いておくと辛くないし、節約も継続できると思う。

 

家にいる時間を楽しくする

一人暮らしで節約をするポイントとして、家にいる時間を増やす、ということも効果的じゃぞ。

 

何も、引きこもれ!ということではなく、デートや友人と遊ぶ際も、自宅に呼べるような部屋にしておくと良いじゃろう。

 

自分の家で手料理を作りながら、マッタリと時間を過ごす。

 

そんなリラックス空間を作っておきたいものじゃ。

 

そのためには、インテリアを自分の好きなものにしていくのが良いじゃろう。

 

ワシがオススメしたいお値打ちで洒落た家具がいくつかあるんじゃが、長くなるから、別の記事にまとめておくぞ。

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク