一人暮らし 防犯対策

MENU

一人暮らしの防犯対策は、まず心の隙をなくすことから!

一人暮らしの防犯対策といっても、何もお金をかける必要はないのじゃ。

 

防犯対策にお金をかけるよりも、お主の心から隙を無くすことが先決!

 

何事も、弱みや隙を付いて悪魔が忍びこむのじゃ。

 

 

一人暮らしを始めると、部屋に帰っても真っ暗じゃ。

 

今までは両親や家族と一緒にいたなら、この寂しさに、まず驚くことじゃろう。

 

そして、その寂しさと同時に、身の危険を感じて不安にもなってくる。

 

そんな時こそチャンス!そう思って、防犯対策に望むが良い。

 

部屋の外での防犯対策

身の回り、特に部屋の外で発生する犯罪が増えているようじゃの。

 

もう少しで家に帰れる、、、という心の緩みが危険じゃ。

 

部屋に入るまでは気を抜かない

保育園や幼稚園、小学生の遠足の時に校長先生が「家に帰るまでが遠足です」と話して追ったじゃろ?

 

あれじゃ。

 

部屋に入ってから一人暮らしの防犯対策が始まるのではない、部屋に入る前に、既に防犯対策を始めておかねばならん。

 

じゃから、どんなに疲れていても、部屋に入るまでは気を抜かいようにな。

 

玄関ドアの前が一番危険じゃ。

 

防犯ブザーを持ち歩く

これは防犯対策において、基本中の基本。

 

防犯ブザーは、年齢、性別に限らず持ち歩く必要があるじゃろう。

 

持ち歩くだけではダメじゃ!

 

ちゃんと、いざという時に使えるように、鞄の中を整理しておくことが大切なんじゃ。

 

意外に女性の鞄の中は整理されておらんので、ワシも心配なんじゃ。

 

あ!

 

と思った時に、鞄の中を漁るだけの余裕は無い。声も出なくなるからの。

 

いつでも防犯ブザーが鳴らせるように、鞄の外に紐を出しておくようにしておくんじゃぞ。

 

自動ドアとエレベーター周囲の不審者に注意

マンションに住むと、セキュリティがしっかりしていると思っているじゃろ。

 

それが隙じゃ。

 

安心するから隙が生まれる、そしてその隙をついて事件が発生してしまう。

 

エントランスの自動ドアが空いた瞬間に、素早くマンションの中に入り込んで犯行を行う事件が多発していると聞く。

 

他には、エレベーターじゃな。

 

もし、一緒に乗り込んだ相手が不審者だったら。。。

 

考えただけでも恐ろしいのー。

 

エレベーターという密室の中で、不審者と二人きりになってしまうんじゃ。

 

何が起こっても不思議ではない環境になってしまうの。

 

鍵を開ける前に周囲を確認すること。
エレベーターに乗る前に周囲を確認すること。

 

こういった小さな気配りが大切なんじゃ。

 

郵便物は毎日持ち帰ること

不審者は、観察眼がものすごく優れておるんじゃ。

 

それはもうプロ並み。

 

ポストに長期間、郵便物が溜まっているようなら、【不在】だと分かってしまう。

 

面倒でも、毎日、郵便物を片付けるようにするんじゃぞ。

 

学校や仕事の長期休暇を利用して、帰省したり旅行に行ったりする際には、少し困るの。

 

そういった長期の不在中に頼りになるのがご近所様じゃな。

 

ご近所様との関係については後で話をするから、まずは、毎日ポストをチェックして、郵便物を片付けるようにするんじゃぞ。

 

夜も玄関の電気を付けておく

不審者は暗いところが大好きじゃ。

 

自分の身を隠せるからの。

 

なるべく、暗い部分を無くすのも防犯対策としては非常に有効なんじゃ。

 

マンションであれば、廊下の電気がちゃんと切れていないことを確認し、もし切れかけているようじゃったら管理人さんに連絡して交換してもらうように。

 

廊下だけではなく、駐輪場や駐車場など、周辺の施設においてもなるべく暗い場所がないように配慮された物件を選ぶことも肝要じゃな。

 

防犯意識の低い物件というのは、不審者のエサになっている場合もある。

 

すこし家賃は高くなったとしても、綺麗で明るい物件を選ぶようにな。

 

自転車は鍵をかけて駐輪場に置くこと

「元あったところに戻す」と、良くご両親から言われたじゃろ。

 

あれじゃ。

 

不審者は、整理整頓された環境を嫌うんじゃ。隙がないからの。

 

元あったところに戻す、在るべきところに保管する。

 

なんとも人間の基本なんじゃが、それ自体が防犯対策として大きな効果を生み出す。

 

しっかり鍵をかけてな。

 

自転車が簡単に盗めてしまうような環境だと分かると、不審者は次の犯行を計画する可能性もあるからじゃ。

 

一つの緩みが大きな事件を招いてしまうということを忘れてはならんぞ!

 

お隣さん、ご近所さんと挨拶を交わす

今の時代、東京などの都心であれば、隣近所とのお付き合いが難しくなっておるの。

 

互いに干渉しない生活は非常に楽なんじゃが、いざという時に困ってしまうものじゃ。

 

都会では、お隣さんに毎日話しにいったり、料理を届けたり、田舎なお付き合いをしようとすると、ご近所さんはかえって不振がるじゃろう。

 

顔を合わせたら、しっかりと挨拶をする。

 

この程度で大丈夫じゃ。

 

お早うございます、こんにちは、こんばんは。

 

そういった挨拶をしっかりと交わしておくことが大切じゃぞ。

 

以上が、家や部屋の外での防犯対策じゃ。

 

次は、部屋の中での防犯対策について伝授するぞ。

 

部屋の中での防犯対策

部屋の中に入ると、疲れも取れて「ホッ」とするじゃろー?

 

それが心の隙じゃ!

 

だからといって、いつまでも部屋で緊張しておれ!ということではないから安心せい。

 

心を休められる部屋にするためにも、部屋に居る間に気をつけたいポイントと、防犯対策を授けるからの。

 

家にいる際にも、しっかりと鍵をかける!

これ、意外とやってしまいがちなんじゃが、慣れてくると部屋の鍵をかけるのが面倒になって、開けっ放しにしてしまうんじゃが、こんな危険なことはない。

 

家にいるから大丈夫、という過信は禁物じゃ。

 

万が一、凶器を持った不審者が部屋に入ってきてしまったら大変じゃ!

 

一人暮らしの防犯対策として、基本中の基本ではあるが、ちゃんと意識して鍵をかけておくことを忘れるでないぞ。

 

ドアチェーンもしっかりとかけておくことじゃ。

 

できることなら、こういった補助鍵を全ての窓に付けておきたいの。

 

 

用心しておくことに越したことはないからの。

 

泥棒などの不審者は、侵入に10分以上かかると諦める

 

という統計もあるようじゃから、鍵の数が多ければ、その分安全な空間ということになるの。

 

簡単にドアを開けない

「ピンポーン」

 

「ガチャ!」

 

こらーーー!

 

そんな危険なことをしてはいかん!

 

ちゃんと、ドアについている「覗き穴」から外を確認して、誰だか分かってから開けるようにするんじゃ。

 

スーツを着ているからと言っての安心してはいかん。

 

知らない人だったら一切ドアを開けてはならんぞ。

 

宅急便のお兄さんに変装してやってくる変質者もいるということじゃ。

 

気が抜けない世の中になってしまって悲しいが、仕方がない。

 

しっかりと防犯対策をしておくのじゃ。

 

できれば、室内にモニター付いている物件、もしくはセキュリティのしっかりしたマンションを選ぶことじゃ。

 

お値段は高くなるかもしれないけれど、それ以上の価値があるからの。

 

きっと、家賃で見ると、月に1万円も変わらんじゃろう。

 

ちょっと食費を節約するなどして、安心・安全な環境に住むのがよいの。

 

洗濯物はなるべく外から見えないところに干す

天気が良いと、洗濯物をベランダに干したくなるものじゃな。

 

気持ちが良いのー、太陽の匂いがする洗濯物というのは。

 

しかし、一人暮らしの場合、防犯対策として洗濯物の外干しはオススメできんのじゃ。

 

どんな洗濯物があるのか、分かってしまうじゃろ?

 

ベランダが曇りガラスになっているような部屋だったら、その曇りガラスで隠れるような位置に干すのじゃ。

 

ベランダには落ちないように手すりのある壁があるはずじゃから、それを目隠しとして利用すること。

 

また、一人暮らしにかぎらず、女性の肌着は室内に干すことじゃ。

 

いくら同棲相手がいたとしても、部屋に一人きりになってしまうこともあるじゃろう。

 

備えあれば憂いなしじゃな。

 

最近は、光化学スモッグやゲリラ豪雨、春先には竜巻や突風などによる砂埃が大変ヒドイこともあって、部屋干しが安全じゃな。

 

窓を開けっ放しにしない

これもよくやりがちなのじゃが、外の空気を吸いたいと思って、窓を開けっ放しにしてしまうんじゃ。

 

窓を開けっ放しにしておくと、換気もできるからの。

 

気持ちいいのは分かるんじゃが、やはり防犯対策としては危険な行為と言わざるおえんじゃろう。

 

言うまでも無いが、窓から不法侵入されてしまうことも考えられる。

 

大きな窓の上に、小さな窓がついていたりする物件があれば、ラッキーじゃな。

 

中には、部屋の換気のために、小さな換気扇が付いた物件もある。

 

極力窓の鍵を締める習慣を付けておくことじゃ。

 

防犯の視点をもってカーテンを選ぶ

外からの視線を守ってくれるのがカーテンじゃな。

 

カーテンを選ぶ際にも防犯の視点を持つことが大切じゃ。

 

こっちの記事に詳細をまとめてあるからの、また読んでおくと良いぞ。

男性、女性に限らず、一人暮らしは、カーテンも防犯意識を持って選ぶのじゃ!

 

SNSへの投稿をを控える

FacebookやLINE、Twitterをしていると、アッという間に時間が過ぎてしまうほど楽しいものじゃな。

 

ワシもちょっとだけやっていた時があるから良く分かる。

 

じゃが、ここにこそ、現代が抱える一番大きな落とし穴が潜んでいるんじゃ。

 

まず、写真に位置情報というものが付随されていることが多くての、それを見ることが出来るんじゃ。

 

だから、自宅で撮影した写真をTwitterやFacebookなどにアップすることで、どこに住んでいるのかが分かってしまうんじゃ。

 

アカウントに本名を使っている場合が多と思うけれど、それが、名前と住所が何億人という人の手に渡ってしまう可能性を生み出しているという事実に気がつくべきじゃな。

 

SNSをしてはいかん、というわけではないが、やはり一人暮らしを始めるならば、利用を控えたほうが良いじゃろう。

 

本当の友達というのは、そういった連絡を取り合わなくても、ちゃんと繋がっているものじゃ。

 

友達が多ければ良いというものでもないからの。

 

一人暮らしを始めたならば、まずは防犯対策としてSNSへの投稿を控え、自分の身の安全を確保することに注力するようにの。

 

防犯グッズを使った対策

どうじゃ、以上が、お金をかけずにできて、お金をかけるよりも効果が発揮される一人暮らしの防犯対策じゃ。

 

しっかりメモをして、日々の生活の中で活かしてゆくのじゃぞ。

 

そして、こういった基本を身体に叩き込んだ上で、防犯対策グッズを使っていくと最強じゃな。

 

防犯対策グッズの三種の神器がこれじゃ
  • 防犯ブザー
  • 防犯スプレー
  • センサーライト

 

この3つを身近に置いておくことが、まず先決じゃな。

 

そして、防犯カメラや、補助鍵などで、さらに身の回りに対策をしておくとさらに良いの。

 

これらの防犯グッズにについても、今から詳しく話していくから、他の記事もしっかりと読んで安全で楽しい一人暮らしを実現するんじゃぞ!

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク


ヒトリ仙人が授ける【防犯対策の義】一覧

 

一人暮らしの防犯対策として、カーテンの役割は大きいぞ。男性、女性に関わらず、防犯の視点を持ったカーテン選びをすることが肝要じゃ!どんなカーテンを選べば良いのか、今から伝授するからぞ。カーテンの役割はオシャレではない!カーテンは、インテリアの一部だと思っておるかもしれんが、一人暮らしにおいては、この考え方ではダメじゃ。一人暮らしにおいて、カーテンは『外の視点から内部のプライベートを守る盾』だと正しく...

 
 

窓の数が多く、日当り良好。誰もが一度は憧れる角部屋での一人暮らしじゃが、防犯面で見るどうなんじゃろうか?実は、そんなに危なくないんじゃが、気をつけたいポイントがあるぞ。一人暮らしで角部屋だと防犯的にどうか、という話もあるが、ワシも実際に角部屋に住んだことがあるが、そこまで危険性を感じたことはないんじゃ。しかし、ある条件が重なると非常に危険な環境になるんじゃ。それは、1階の角部屋は、やはり危険な環境...

 
 

夜、遅くなると細い道でなくとも人通りが少なくなって、大変心細いのー。ワシも、この歳になっても、このカデン山にある自宅への帰り道が心細いもんじゃ。防犯対策も当然必要じゃが、帰りが遅くならない工夫も大切じゃぞ!一人暮らしを始めると、遅くなった日の帰り道は心細い。仕事で連日の様に遅くなるようであれば、上司に相談して早めに帰れるようにしてもらう、学生であれば、アルバイトの時間帯を気にしたり、外で遊びすぎな...

 
 

一人暮らしをしていると、長期休暇、特に年末年始には実家に帰省することた多いの。短ければ3日前後、長ければ1週間ぐらいになるかの。3日以上家を開ける際には、いつもと違う防犯対策が必要じゃ!実家に帰ってゆっくりしたい。特に年末年始はそう思うじゃろう。実家のご両親も、一人暮らしをしているおぬしの帰りは、1年を通じて大切なイベントじゃろうて。今回は、そんな実家への帰省中、長期で家を開ける際の防犯対策を授け...

 
 

高校生で一人暮らしをするとは大したもんじゃ!ワシも高校生の頃は、一人暮らしではなかったが、家に帰らんことも多かった。未成年なだけあって、両親もご心配のことじゃろう。しっかりと防犯対策をしておくのじゃ。肌身離さず防犯ブザーを持ち歩く高校生の一人暮らしに限らず、防犯対策として一番手ごろで、一番効果的なのが、この防犯ブザーじゃ。防犯ブザー 防滴・超音 防犯ブザー (2個セット) プチアラーム2 あす楽対...

 
 

一人暮らしの防犯で、悩みの種が洗濯物じゃ。特に女性においては、洗濯物の干し方が多大なる影響を与えるじゃろう!一人暮らしに限らず、洗濯物の干し方には最善の方法を知っておくことが肝要じゃ。一人暮らしの洗濯物については、一部間違った情報が認知されているものもある。友達にアドバイスをもらうことも大切じゃが、こういったサイトに掲載されている情報も有効なものも多いからの。友人知人のアドバイスをさらにブラッシュ...

 
 

男性の一人暮らしだからと言って、油断は禁物じゃ!今の時代、変わった癖を持った輩もおるからの。不審者が何かしらの凶器を持っていたとしたら、、、男性でも太刀打ち出来んぞ!金目の物を目的とした犯行男性をターゲットとする場合、ストーカーなどの性別に関する犯罪ではなく、金銭的な犯罪が多いんじゃ。一般的に言われてきた『空き巣』というやつじゃな。金目当ての犯行も、非常に悪質な手口を使われる場合もあるから、男だか...

 
 

「1階は危険だと言われるけど、私は2階だから大丈夫でしょ。。。」そんな考え方をしていてはイカンぞ!実は、2階の一人暮らしも1階と同じぐらいの用心が大切なんじゃ!確かに、1階の一人暮らしよりは、2階の方が安全そうじゃな。しかし、条件が揃うことで、1階よりも侵入しやすい環境になっている場合もあるのじゃ。一人暮らしの物件選びの際に確認しておきたいポイントと、2階に住む際の防犯対策について話していこう。2...

 
 

オートロックだからといって、過信は禁物じゃ!年々、オートロックの物件で事件が起きる回数も増えておるようじゃからの。一人暮らしの防犯としては、やはり個人の意識が大切なんじゃ。オートロックは意外と簡単に侵入できる残念ながら、エントランスがオートロックだからといって、不審者が中に入ってこれないということは、無いんじゃ。「私の物件は大丈夫でしょ。。。」といった過信を捨てるのが得策じゃな。よくあるケースとし...

 
 

一人暮らし、カギの防犯について考えるときに、忘れてほしくないことがあるんじゃ。それは、絶対に開かないカギは無い!この点をしっかりと認識できれば、レベルの高い防犯対策ができるからの。解錠までに10分以上かかれば諦める大事なことじゃからもう一度言うがの、絶対に開かないカギというのは、この世に存在しないんじゃ。一人暮らしの防犯対策をするうえで、その点を踏まえて考えていくとするぞ。カギの防犯を考える上で、...

 
 

「うちには雨戸シャッターがあるから安全ね!」。。。ちょっと待つんじゃ!実は、雨戸シャッターがあったとしても、一人暮らしの防犯上の効果はそれほど期待できんという声もあるんじゃ!雨戸シャッターの防犯効果は、それほど高くないという現実オートロックに高層階、シャッター、、、どれも防犯効果が高いと言われているものじゃの。しかし、どれもこれも、実はそんなに安全性が高いというわけではないんじゃ。一人暮らしの防犯...

 
 

泥棒や不審者の侵入経路として、玄関の次に多いのがベランダじゃ。一人暮らしのベランダは、うってつけの獲物なんじゃ!ベランダの防犯対策としても、基本をしっかりと押さえておくことが肝要じゃ。洗濯物はベランダに干さない男性、女性問わず、ベランダには洗濯物を干すことは避けたい。詳しくは、こちらの記事に書いてあるが、 一人暮らしの洗濯物、間違った防犯対策昔の防犯対策を実施していて、全く効果が無い、もしくは逆効...

 
 

一人暮らしの防犯では、1階の物件に関する相談が多いの。2階も1階も、そんなに変わらないという意見もあるようじゃが、やはり1階は避けておきたいところじゃ。防犯面と、生活面の両方で、1階の物件が持つ注意点を紹介するぞ。基本的な防犯対策1階に住もうが、10階に住もうが、基本な防犯対策は一緒じゃ。こちらの記事に書いてあるとおり、侵入しにくい環境を作り出すアイテムやグッズを使って、カギを増やすこと。 一人暮...

 
 

一人暮らしの防犯対策で、最も重要なポイントと言っても良いのが玄関じゃ。玄関は、時として好まざる来客を迎える可能性もある。ほんの小さな気の緩みが、大きな事件に繋がる可能性もあるかの。玄関先の綺麗に保っておく基本的な防犯対策として、やはり清潔に保っておくことが大切じゃ。玄関先を、最低でも週に1回ホウキで掃いたり、雑巾で玄関のドアを綺麗に掃除しておくと良いじゃろう。ワシも、玄関を開けたところに植物を置い...

 
 

一人暮らしの場合は防犯のために低層階はなるべく避けるべき。なぜなら窓から侵入される恐れがあるからです。窓は犯罪に良く利用されます。そのためには窓への防犯対策は必要ですが、一人暮らしを悟られないことが第一です。どれだけ用心しても良い一人暮らし一人暮らしになると防犯対策を考えなくてはいけません。まずは、住む部屋について。マンションの場合、玄関からの侵入が心配ですから、オートロックや2重ロックのものを選...

 
 

一人暮らしの防犯には電気製品を活用することが大切。在宅しているという状況を演出するには電気製品のオンオフが有効なのです。一人暮らしの防犯は、侵入をあきらめさせることが第一。外部に漏れる情報を遮断・加工しなければなりません。誰が住んでいるかわからなくする一人暮らしの防犯対策として、まず考えられることは、この部屋には侵入しても得るものが少なく危険だというにおいをさせること。犯罪を犯そうとするような者は...

 
 

一人暮らしの場合、郵便受けにも防犯対策が必要。最も簡単なのが、郵便受けに錠前をつけること、郵便物を見られないことが大切です。一人暮らしの場合、防犯対策には細心の注意が必要です。女性や老人の場合なおさらなのです。郵便物は個人情報の固まり悪さをするような人でもリスクはなるべく避けたいと考えますから、できることなら女性や老人など弱者をターゲットにします。そんな人に限って、悪さに関してはは異常に頭が回るも...

 
 

一人暮らしで旅行に行っていることはバレてはいけない、防犯で一番に考えることです。例えば郵便受けや窓など意外なところから、旅行中で不在ということがばれてしまいます。一人暮らしは防犯対策から、充分に気をつけてよい思い出を。旅行など長期で家を空けるときは?旅行だけではありません、帰省することもあるでしょう、一人暮らしの部屋が狙われるのは、こんな長期の不在の期間。楽しい旅行のあとに家にたどり着いたら、空き...

 
 

借家で一人暮らしの場合の防犯は、気にしなくてはならないポイントが多いので手間がかかります。借家だけに手を加えにくいなら、あらかじめ防犯対策がなされているか物件のチェックも必要。一人暮らしの防犯はいくら注意してもいいのです。住む地域についてのチェックが第一借家で一人暮らしをする場合、防犯の対策を練るのは厄介です。なぜなら、警戒しなくてはいけない場所が、1Kなどの間取りとは違い多すぎます。加えて借家で...

 
 

初めての一人暮らしで不安な気持ちは理解できますが、過剰な防犯意識はどうかと思います。防犯で考えるべきは、進入をあきらめさせることと、知り合いを作ること。一人暮らしの不安を和らげるのは、この2点なのです。不安払拭のために木刀を装備!!初めての一人暮らし。その時になって、自分以外誰もいない部屋に何となく不安を感じたりするものです。もちろん子どもを送りだした親御さんの不安も、特に女の子だったらことさらで...

 
 

若年層の一人暮らしの防犯対策と異なり、高齢者・老人の一人暮らしの防犯対策は大ごとです。なぜなら、巻き込まれる犯罪の種類も多いため。防犯には高齢者・老人自身の自覚が大切です。家族は、防犯意識の高まりをうながすだけなのです。若年層と違う、老人の防犯事情若年層の一人暮らしで、防犯について考えるときには、巻き込まれるであろう犯罪も限定されるので、対策も簡単です。物件に気を使うこれだけで、ずいぶん心配も軽く...

 
 

大学生が一人暮らしを始めるということは、生まれ育った環境と全く違う地域へ出てくるということ。防犯の意識も改める必要があります。例えばひったくりや一人暮らし、女子大学生は格好のターゲットですから、高い防犯意識が必要です。日々の行動を見直すことが防犯への道大学生に入学して、一人暮らしを始めると様々な束縛から解放されることもあり、行動が隙だらけになりがちです。防犯には、マンションなど住むところの工夫も必...

 
 

東京は犯罪件数が多い場所、一人暮らしの防犯には余計に気を使わなければなりません。まずは犯罪発生率の低い地域を選ぶこと。次に防犯で大切なのは、一人暮らしで安心できる物件を選ぶことでしょう。これは東京に限った事ではありませんが。東京は全国トップの犯罪発生件数親元を離れて一人暮らし、自由を満喫したい、そう考える若者は東京という単語を聞いただけで胸が高鳴るものです。しかし東京といえば大都会、人口も多ければ...

 
 

ホームセキュリティは料金が高いと思っていませんか?安全、安心を買う時代だからこそ、セコムと言う選択は、多少料金が高くても検討したいもの。ホームセキュリティといえばセコムと言うほど、知名度はかなり高いものになっているようです。セコムの知名度防犯システムといえば、と聞かれると一番にセコムと答える方が一番多いのではないですか?少なくとも私は以前の会社でセコムセキュリティを導入していた為、その対応の速さ使...

 
 

都内のガス供給の先駆者とも言える東京ガス。オリジナル商品にホームセキュリティがありました。気軽に頼める商品でしたが、ホームセキュリティ事業は2014年に終了してしまいました。東京ガスが残る利用者の委託先に選んだのは。。。東京ガスって?東京ガスというと、その名の通りガスをイメージしやすいですが、東京ガスはガスだけではありません。1885年に創立された東京ガスはもちろんガスを用いた、エネルギー供給ブラ...

 
 

女性の一人くらしは何かと物騒なもの。近年の住宅事情に最も適した、ソフトバンクのみまもりホームセキュリティは簡単なのに安心。おまけに安全も確保できるならぜひ導入したいもの。携帯最大手ソフトバンクのもたらすホームセキュリティで安心セーフティライフを。セキュリティの必要性セキュリティというと多くの人は、その言葉に圧倒されてしまう方が多くいますが、近年のセキュリティはとっても簡単に身近なものから行えます。...

 
 

ホームセキュリティの必要性が見直される昨今。九電が誇るオリジナルホームセキュリティが高い評価を得ていました。時代に合わせた九電のオリジナルメニューは地元に根付いた強い味方だったのです。ホームセキュリティは最早当たり前の時代一人暮らしを始める時、実家のご両親の安否が気になる時、いたしかたなく子供やペットにお留守番を頼まなくてはいけない時など、住宅の心配事はなかなかなくならないもの。勤務先や、用事に出...

 
 

離れて暮らす娘やご家族、急に心配になる事ありませんか。外出先で、自分の部屋が心配になる事ありませんか。みまもりホームセキュリティがあるだけで、簡単に不安を解消させます。安くて導入しやすい、みまもりホームセキュリティを一度検討してみては?事件を未然に防ぐ毎日暮らしている家や部屋が突然誰かに侵入されていたら、自分に何ができるだろうか。何も気づかない内に、自分の部屋で犯罪が行われているとしたら、貴方は我...

 
 

近年多発する犯罪に巻き込まれてしまう一人暮らしの女性が多くいると聞きます。オシャレな物件で一人暮らしもイイですが、多発する事件回避はやはり防犯が最優先。物件だけじゃない、女性が出来る防犯法教えます。多発する犯罪から身を守る多くの犯罪が目につく昨今、毎日のニュースでは日夜その情報が発信され続けています。近年ではスマートフォンの普及も手伝って、かなり多くのニュースを見る機会が増えたように感じます。狙わ...