一人暮らし 最初 費用

MENU

最初が肝心!安定した一人暮らしに必要な初期費用は?

何事も、最初は費用も手間もかかるもんじゃ。

 

一人暮らしも然り。お金のかかる手続き、買いそろえるべきもので財布はヒーヒー言うはず。

 

かかる金額をあらかじめ見込んで、余裕を持った資金調達が必要じゃ!

 

ここでは、一人暮らしで最初にかかる費用と、節約のポイントを紹介するぞい!

 

 

 

先立つものがなければ、安定した一人暮らしは営めないぞ。

 

船出からよろよろしているようじゃあ、先が思いやられるのじゃ・・・!

 

最初に用意すべき費用

一人暮らしを始める時は、何かと費用がかさむものじゃ。

 

最初は物件を借りなければならんのじゃが、敷金・礼金・火災保険の加入・1ヵ月分の家賃だけで20~30万円の出費になるぞ。(※家賃を5~6万円と仮定した場合)

 

物件が決まったら、引越しじゃな。

 

この引越しも、距離や荷物によっては10万円を超える場合もある。

 

引越し先で新しく家電や家具を買いそろえるにしても、40~50万円はかかるじゃろう。

 

当面の生活費も必要じゃろうから、最初は100万円は用意しておきたいところじゃな。

 

引越しを安く済ませるのじゃ!

一人暮らしを始めるに当たって、どこを節約すれば費用が抑えられるのか?

 

最初の段階では、家賃が安い物件を選ぶことが手っ取り早いかもしれん。

 

じゃが、「安かろう悪かろう」とはよく言ったもので、家賃が安いとセキュリティー面が貧弱だったり極端に老朽化していたり交通の便が悪かったりと、何かと難がついてまわるものじゃ。

 

それなら、他でコストカットしたほうが賢明じゃろう。

 

例えば、引越しの料金は、業者次第では数万円も安くなるぞ。

 

最近は、複数の業者から無料で見積もりを取り寄せて比較・競合させられるサイトを活用するが良いじゃろう。

 

今、ワシがお勧めするサイトはこちらじゃ。

 




 

さらに、「土日祝を避けて平日」「午前中よりも午後」など、引越しの条件を緩和すると費用は格段に安くなるんじゃ。

 

「家具は後でも買える」の発想が大事じゃ

「あんな部屋にしよう」「こんな雰囲気にしたい」と、一人暮らしに夢を膨らませている者も多いじゃろう。

 

一人暮らしは、一国一城の主になるようなものじゃからな。

 

その意気込みを持つことは大事じゃ。

 

しかしだな、最初からあれもこれもと家具や家電を揃えすぎるのは考えものじゃ。

 

意外と、「買ってみたけど実際には不要だった」「慌てて買ったけど、もっとじっくり選んで買えば良かった」と思うものがポツポツと出てくるものなんじゃよ。

 

最初にかかる費用を抑えるためにも、まずは必要最低限の物を揃えて生活を始めてみるというのが賢明じゃな。

 

生活が軌道に乗ってきて、金銭的・時間的に余裕が出てきてから購入するほうが後悔のない買い物ができるぞい!

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク


関連ページ

一ヶ月いくらあれば生きていける?一人暮らしの費用概算を紹介!
親子で協力が必要じゃ!学生の一人暮らしは甘くない!
どんな物が必要で、費用はどのくらい?一人暮らしの家具選び
メディアに踊らされるな!沖縄での一人暮らし、これが現実。
どんな家電がいくらでそろう?一人暮らしのためのショッピング案内
一人暮らしの光熱費、節約できるポイントを伝授!
今や必需品!?一人暮らしのネット費用を安くあげるポイント
比べてみれば早わかり!一人暮らしの引越し費用相場
マンション一人暮らし費用|いくらあればマンションで一人暮らしができる?
自炊すると食費は本当に安くなる?一人暮らしの真実を暴く!
どんなことにいくらかかる?一人暮らしのための準備費用
どんなことにいくらかかる?一人暮らしの退去費用に注目!
費用は安い。でも便利な反面、トラブルも!レオパレスの一人暮らしにご注意
一人暮らしのクオリティーは家賃にかかっている?気になる相場は・・・
社会人の一人暮らし。恥をかかないための費用相場は?
できればこれだけは用意して欲しい。一人暮らしの初期費用
知っておきたい税金のこと。一人暮らしを少しでも楽にするために・・・
一人暮らしの節約は、無理なく創意工夫でスタイリッシュに!
意志が弱くても貯金はできる!一人暮らしの費用を貯めるコツ
費用がかさむ東京ライフをリッチに満喫せよ!節約のポイントを伝授!
うまい話には裏がある?敷金礼金なしの落とし穴
一人暮らしの「保険」事情。かける費用はどのくらいが妥当?
あこがれの北海道で一人暮らし。費用は思ったより高い?安い?
女性よ、強く美しくあれ!一人暮らしにはこんな注意点があるのじゃ。
引越しも赤帽へ!見積もりから見えてくるそのスタイルとは?