一人暮らし 引越し 費用 相場

MENU

比べてみれば早わかり!一人暮らしの引越し費用相場

一人暮らしの引越しは、「いかに荷物を減らすか」が費用削減の鍵じゃ。

 

各業者がお得な単身プランを設けておるが、料金の相場はどのくらいになるんじゃろうか?

 

そこで、一人暮らしの引越しに人気の業者の費用相場を調べてみたぞい!

 

 

 

最近は、引越し専門業者のみならず運送会社までもが引越し事業に参入しておる。

 

数ある業者の中で一人暮らしの移動に強いのはどこじゃろうか?

 

「赤帽」は根強い人気じゃ!

一人暮らしの引越しは、ファミリータイプとは別に格安なプランがたくさんあるんじゃ。

 

「単身パック」なるものを用意している業者も多いからのう。

 

このプランに収まるように、とにかく荷物を少なくするというのが費用節約のポイントじゃな。

 

単身の引越しで根強い人気があるのは、なんといっても「赤帽」じゃな。

 

もちろん距離によっても料金は違ってくるが、費用の相場は20,000円台/回なんじゃ。

 

春先の繁忙期でも40,000円未満というのはかなり格安だと言えるじゃろう。

 

ただ、スタッフは運転手一人というケースも多いようじゃから、自分も荷物運びを手伝うことが前提じゃ。

 

力仕事に自信がない女性には、ちょっとキツイかもしれんのう。

 

クロネコヤマトも引越しをやっておるぞ

宅急便大手のクロネコヤマトでも引越し事業を手掛けていることをご存知じゃろうか?

 

「ヤマトホームコンビニエンス」というグループ会社なんじゃが、ここも一人暮らしの引越しで評判が良い業者の一つじゃ。

 

なんといっても運送のプロじゃからのう。

 

作業が速い、時間に確実!といった口コミ評価が多いようじゃよ。

 

仕事のクオリティーの面では間違いなかろう。

 

単身者向けのパック料金なども設定されておるようじゃし、費用面でもコスパが高いのじゃ。

 

具体的には、通常時期で約40,000円、繁忙期で45000円前後が相場といったところじゃな。

 

コスパが高いのはやはり専門業者じゃ

そうはいっても、やっぱり引越しは「○○引越しセンター」と名の付く専門業者が安心のような気がせんか?

 

家財の取り扱いにも慣れているじゃろうし、万が一の破損にも的確に対応してくれるのが魅力じゃ。

 

一人暮らしの引越しなら、「アーク引越しセンター」がなかなか良さそうじゃ。

 

養生(荷物を運搬する際に家や家具にキズをつけないように保護すること)の技術についても接客についても、おおむね評価が高いようじゃし、費用もリーズナブルじゃ。

 

具体的には、通常期も繁忙期も約45,000円が相場で、あまり差がないというのもありがたいのう!

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク


関連ページ

一ヶ月いくらあれば生きていける?一人暮らしの費用概算を紹介!
親子で協力が必要じゃ!学生の一人暮らしは甘くない!
どんな物が必要で、費用はどのくらい?一人暮らしの家具選び
最初が肝心!安定した一人暮らしに必要な初期費用は?
メディアに踊らされるな!沖縄での一人暮らし、これが現実。
どんな家電がいくらでそろう?一人暮らしのためのショッピング案内
一人暮らしの光熱費、節約できるポイントを伝授!
今や必需品!?一人暮らしのネット費用を安くあげるポイント
マンション一人暮らし費用|いくらあればマンションで一人暮らしができる?
自炊すると食費は本当に安くなる?一人暮らしの真実を暴く!
どんなことにいくらかかる?一人暮らしのための準備費用
どんなことにいくらかかる?一人暮らしの退去費用に注目!
費用は安い。でも便利な反面、トラブルも!レオパレスの一人暮らしにご注意
一人暮らしのクオリティーは家賃にかかっている?気になる相場は・・・
社会人の一人暮らし。恥をかかないための費用相場は?
できればこれだけは用意して欲しい。一人暮らしの初期費用
知っておきたい税金のこと。一人暮らしを少しでも楽にするために・・・
一人暮らしの節約は、無理なく創意工夫でスタイリッシュに!
意志が弱くても貯金はできる!一人暮らしの費用を貯めるコツ
費用がかさむ東京ライフをリッチに満喫せよ!節約のポイントを伝授!
うまい話には裏がある?敷金礼金なしの落とし穴
一人暮らしの「保険」事情。かける費用はどのくらいが妥当?
あこがれの北海道で一人暮らし。費用は思ったより高い?安い?
女性よ、強く美しくあれ!一人暮らしにはこんな注意点があるのじゃ。