一人暮らし 費用 保険

MENU

一人暮らしの「保険」事情。かける費用はどのくらいが妥当?

一人暮らしを始めたからには、自分の身は自分で守れるくらいの覚悟が必要なのじゃ。

 

万が一の備えに、保険への加入を検討するのも良いじゃろう。

 

しかし、プランもピンキリで費用も様々じゃ。

 

一人暮らしの場合、保険にどの程度の費用をかけるのが妥当なのか、相場を紹介しよう。

 

 

 

「保険」といっても、種類もプランも様々じゃ。

 

自分には何が必要で何は不要なのか、ライフスタイルにあったプランニングが肝なのじゃ!

 

備えあれば憂いなし

実家暮らしをしておる間は、なんだかんだ言ってもどことなく「守られている」感があるはずじゃ。

 

独立して一人暮らしを始めてみて、ようやく自分の甘さや脆さに気づいたという者も多いじゃろう。

 

自分の弱さに気づいたならば、人は自分で自分を守ろうとする。

 

その一つの形が、「保険」なんじゃ。

 

保険にも色んな種類があってのう。

 

  • 一人暮らしをしている物件が家事になった時に家財のダメージを保障する火災保険
  • 自分が病気やケガをした時におりる生命保険
  • 車で事故を起こした時に使える自動車保険
  • 将来の老後生活のための蓄えとして使える年金保険

 

・・・等々。

 

どれを選んで、月々どの程度の金額を支払っていくかというのは、その人の価値観や人生設計にかかっておる。

 

一人暮らしを検討する際は、このような「保険」の費用についても考えておくことが大事なのじゃ。

 

皆の衆は保険にどのくらい支払っておるのじゃ?

とはいえ、初めて一人暮らしを始めるという若造にしてみれば、「保険のことなんてよくわからないよ」「万が一より今が大事だよ」というのが正直なところじゃろう。

 

それもそうじゃ。

 

理想的には、全てのトラブルに備えて全ての保険に加入するのが理想的じゃが(笑)、なにかと費用のかかる一人暮らしではそれも難しいじゃろう。

 

一般的に皆の衆はどのくらいの保険料を支払っているのかを調査してみたところ、火災保険が2年分で約20,000円、生命保険が月々3,000円、自動車の保険が7,000円~10,000円といったところじゃ。

 

まあ、ひと月に換算すれば10,000円そこそこといったところじゃな。

 

その保険、本当に必要か?

20代の頃は、病気にかかるリスクも低いし、老後にもだいぶ時間があるしな。

 

生命保険料の類は安く設定できるじゃろう。

 

じゃが、年齢が上がるほどに金額も高くなっていくケースが多いものじゃ。

 

加入するのであれば、その保険料を継続して支払っていけるだけの経済的余裕があるのかどうかを慎重に検討してみて欲しいのう。

 

一旦加入してしまえば解約するのは手間がかかるし、掛け捨ての場合はお金も戻って来ん。

 

払い戻しのお金がある場合でも、ある程度の年数を経過していないと支払った分の半分未満しか回収できないケースもあるんじゃ。

 

公的な保険は必ず加入せねばならんが、民間の保険については慎重になったほうが良いぞ。

 

保険の支払いのために家計を破たんさせるようなことがあっては本末転倒なのじゃ!

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク


関連ページ

一ヶ月いくらあれば生きていける?一人暮らしの費用概算を紹介!
親子で協力が必要じゃ!学生の一人暮らしは甘くない!
どんな物が必要で、費用はどのくらい?一人暮らしの家具選び
最初が肝心!安定した一人暮らしに必要な初期費用は?
メディアに踊らされるな!沖縄での一人暮らし、これが現実。
どんな家電がいくらでそろう?一人暮らしのためのショッピング案内
一人暮らしの光熱費、節約できるポイントを伝授!
今や必需品!?一人暮らしのネット費用を安くあげるポイント
比べてみれば早わかり!一人暮らしの引越し費用相場
マンション一人暮らし費用|いくらあればマンションで一人暮らしができる?
自炊すると食費は本当に安くなる?一人暮らしの真実を暴く!
どんなことにいくらかかる?一人暮らしのための準備費用
どんなことにいくらかかる?一人暮らしの退去費用に注目!
費用は安い。でも便利な反面、トラブルも!レオパレスの一人暮らしにご注意
一人暮らしのクオリティーは家賃にかかっている?気になる相場は・・・
社会人の一人暮らし。恥をかかないための費用相場は?
できればこれだけは用意して欲しい。一人暮らしの初期費用
知っておきたい税金のこと。一人暮らしを少しでも楽にするために・・・
一人暮らしの節約は、無理なく創意工夫でスタイリッシュに!
意志が弱くても貯金はできる!一人暮らしの費用を貯めるコツ
費用がかさむ東京ライフをリッチに満喫せよ!節約のポイントを伝授!
うまい話には裏がある?敷金礼金なしの落とし穴
あこがれの北海道で一人暮らし。費用は思ったより高い?安い?
女性よ、強く美しくあれ!一人暮らしにはこんな注意点があるのじゃ。
引越しも赤帽へ!見積もりから見えてくるそのスタイルとは?