引越し 見積もり 一括 危険

MENU

引越しの一括見積もりサイトに潜む危険。どんなトラブルが?

ごく簡単な個人情報をチョチョイと入力して送信するだけ!

 

それで引越しの見積もりを一括で依頼できるって、なんて便利なんだ!

 

・・・と思われるかもしれんが、安易に飛びつくのは危険。自覚がないかもしれんが、引越しの情報は超・個人情報なんじゃよ。

 

一括見積もりサイトを利用する場合は、こんな危険が潜んでいることを知っておくべきじゃ。

 

いつ、どんな犯罪やトラブルに巻き込まれるかわからない時代。

 

「自分だけは大丈夫」なんて思っていると、あっさり引っかかるぞよ!

 

「便利」や「効率」を重視し過ぎるのも、時には思わぬトラブルを招く元なのじゃ。

 

それ、個人情報ですよ!

引越しの業者、どこにしようか・・・と迷った時、まずは有名どころの業者の公式WEBサイトをチェックしてみるという諸君も多いじゃろう。

 

それを繰り返して複数社から見積もりをもらって比較してみる。というのが王道じゃな。

 

じゃが、実は名前も知らないような中小業者のほうがイイ仕事をしてくれることもあるんじゃ。

 

そこで、「一括見積もりサイトに登録して、いろんな業者から見積もりをもらう」

 

という手があるわけじゃが・・・そこには思わぬ危険も潜んでおる。

 

第一に、個人情報がダダ漏れになる可能性があるということ。

 

一括見積もりサイトに登録する際には、名前はもちろんのこと、現住所や新住所、メールアドレスや電話番号を入力しなければならん。

 

その情報を各業者に横流しするような形になるわけなんじゃが、この登録がきっかけで電話地獄に悩まされることになったという話は枚挙にいとまがない。

 

中には、「関係のない住宅の営業電話もくるようになった」なんて人もいるんじゃよ。

 

これから引越し業者選びをしようとしている諸君は、個人情報を安易に入力することの危険性を認識しておくべきじゃな。

 

日常生活が脅かされる・・・?

一括見積もりサイトに登録すると、何社くらいの業者から見積もりが来るのか?

 

これはサイトやエリアによってもまちまちじゃ。

 

首都圏エリアだと、対応している業者が多い分だけ届く見積もりも多くなるじゃろう。

 

「5社」という人もいれば、「10社以上」という人もいて、さらに一社あたりのメールの数も様々じゃ。

 

一括で見積もりを取りたいとお願いしたのだから当然といえば当然なんじゃが、

 

「その数の多さに戸惑った」

 

という方も少なくないのう。

 

また、メールに留まらず電話攻撃に遭ったという話もよく聞くぞい。

 

「平日の昼間は仕事だから電話には出られない。だから、連絡はメールで」と記載したにも関わらず、バンバン電話がかかってきたとか。

 

なんと、「トータルで1日40件もの着信履歴が残っていて、その必死さに引いてしまった」という方もいるんじゃ。

 

このように、日常生活が脅かされる危険性があるというのも、一括見積もりサイトの怖いところじゃな。

 

結局、家に上げる羽目に?

それでも、電話で済むのであればまだかわいいものなのかもしれん。

 

引越しの一括見積もりサイトに登録したところ、結局「実際に荷物の量を見ないとわからないから」ということで自宅に来てもらう羽目になったというケースも多いんじゃ。

 

サイトには家具の種類や数、段ボールの数などを入力する項目もあるんじゃが、それでも

 

「正確な金額を出すには訪問が必要」

 

と言ってくる業者も多いんじゃと。

 

依頼するほうとしては、

 

「1円でも安くてサービスが充実してるところにお願いしたい!」

 

という切実な思いがあるじゃろうから、つい要求に応じてしまうんじゃな。

 

何もなければ良いのじゃが、もしその担当者が変な人だったら・・・?という危険性も無きにしも非ず。

 

ストーカーと化して、しつこくつきまとわれる危険性も考えられるぞい。

 

そうでなくても、密室で、強引な営業を断れるのか?というのも心配じゃな。

 

このように、一括見積もりサイトは便利な反面、恐ろしい危険もいっぱいじゃ!

 

一人暮らしの引越しでは特に、あらゆる危険を想定して、家族や友人に相談したり同席してもらったりして身を守ることをオススメするぞい!

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク