引越し 見積もり 積み残し

MENU

引越しでよくある積み残しトラブル。見積もりはココに注意!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

引越しで運んでもらえる荷物量は、見積もりで決まっておる。

 

積み残しがあった場合は、それが見積もりに含まれていたのかどうかが重要なポイントじゃ。

 

もし含まれていたら、逆に含まれていなかったら。

 

どう対処するのが適切なのじゃろうか。

 

引越しで積み残しがあった場合の対処の仕方について考えてみよう。

 

「一人暮らしだから」「荷物が少ないから」と訪問見積もりを受けずに引越しの契約をする諸君も多いことじゃろう。

 

じゃが、その場合は「積み残し」のトラブルに十分な注意が必要じゃ!

 

「積み残し」はナゼ起こる?

引越しでは、度々、「積み残し」を巡るトラブルが発生するようじゃ。

 

依頼者側としては当然運んでもらえると思っていた荷物が、なぜか積まれないまま残っている。

 

積み残しとはそのような状況じゃが、単純に業者側のうっかりミスで発生する場合もあれば、そうでないケースもあるようじゃ。

 

そうでないケースとは、例えば「見積もりをとった時にはなかった荷物が増えていた」とか「積みきりプランだったから、積めない分は残されてしまった」とか。

 

依頼主にも責任があるので、これは業者側に苦情を言っても対処してもらえんじゃろう。

 

誰に責任があるかによっても選ぶべき対処法は異なるので、まずは責任の所在を確認することが大事じゃな。

 

明らかに業者側に責任がある場合

業者側が最終確認をしっかりしていれば防げた積み残し、担当者間での誤解によって生じた積み残しであれば、責任は完全に業者にある。
(例えば、見積もりを取った担当者と、当日の現場スタッフとの間で行き違いがあったとか)

 

本部に連絡すれば、追加でトラックを手配してくれるはずじゃ。

 

もちろん、無料で!

 

もし、どうしても翌日以降になるような場合は、物件の管理会社に相談して荷物を置かせてもらえるように交渉してみよう。

 

どうしてもそれが無理で、その日のうちに宅急便で送らなければいけないというような状況になった場合は、その送料を引越し業者に負担してもらえないかどうか要相談じゃな。

 

もともと業者側に責任があるのじゃから、そのくらいのことはしてもらえても当然じゃなかろうか。

 

引越しのスケジュールが狂って迷惑を被っているのは事実なのじゃから、そこは強気で交渉してもよかろう。

 

自分に責任がある場合はどうする?

では、業者側には全く責任がなく自分のミスで積み残しがあった場合はどうすれば良いのじゃろうか。

 

この場合は、以下のような選択肢が考えられる。

 

  • 追加料金を支払って引越し業者に運んでもらう
  • 自力で運ぶ(マイカーやレンタカー)
  • 宅急便を利用する
  • 別の引越し業者(単品の輸送に特化した業者)に依頼する

 

当日のうちに転居先で荷物の搬入作業を行わなければならない場合や、今の物件をその日のうちに空け渡さなければならない場合などは、時間との勝負になるじゃろう。

 

スピーディな判断力が求められる状況じゃが、慌てず冷静に。

 

どんな状況でも、一つ一つ料金を出して比較してみるくらいの心の余裕は残しておきたいものじゃ。

 

いずれにしても、荷物の積み残しは引越しのスケジュールを狂わす重大なミス。

 

そのようなことが起こらないように、見積もりの段階でのチェックは重要じゃ。

 

また、一人暮らしの引越しとはいえやはり訪問見積もりを受けて正確な荷物量を業者側に伝えておくことは大事なことじゃな!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

引越しの見積もりは一括サイトが便利!デメリットはないの?
引越しの一括見積もりサイトに潜む危険。どんなトラブルが?
単身での引越しはまだまだ安くなる!見積もりの比較がカギ!
料金高めなアート引越しセンター。見積もりをもっと安く!
引越しの相場感をつかむ!見積もりの要チェックポイントは?
アリさんマークの引越し社ってどう?見積もり金額を教えて!
引越しの見積もり取得に内見は必須?しない場合のリスクとは
引越し見積もりの内訳はこんな感じ!業者間で差が出るのは?
引越しのエアコン取り付けを安くしたい!まずは見積もり!
東京~大阪の見積もりを比較!納得のいく引越しを目指して
大手の引越し業者の見積もりはどんな感じ?相場感をつかめ!
見積もりを使ってもっとお得に!賢い引越しで無駄をカット!
大阪市内の引越しを安く!見積もりに納得できなかったら?
引越しの価格を安くしたい!見積もり前に知っておきたいコト
質の高い引越しを格安で!見積もりの取り方が成功の鍵?
鹿児島県で勢いのある引越し業者は?見積もり相場も教えて!
引越し費用がキャッシュバック!?一括見積もりでお得に!
この引越し見積もり、キャンセルしたい!そんな時どうする?
引越しの見積もりはココに注目!チェックすべき確認リスト
引越しの訪問見積もりは実は危険!帰らない営業マンの対処法
引越しの見積もりでクオカードをGET!って信じて大丈夫?
単身引越しはクロネコヤマトで!見積もり取得も楽ラクに!
関西の引越しは大手か?地元密着か?ネットで一括見積もり!
京都で人気の引越し業者!見積もり取るならまずはこの3社
引越し見積もりはクローゼットの中もオープンに!理由は?
近距離の引越しは業者選びが鍵!賢い見積もりの取り方とは
引越しを成功させる見積もりのコツ。絶対に損はしたくないから
引越しの見積もりと契約はどう違う?こんなトラブルにご用心
梱包までお任せしてラクラク引越し!気になる見積もり価格は?
引越し見積もりは何ヶ月前に取るのがベスト?3ヶ月前?2ヶ月前?
札幌エリアの引越し相場は?見積もり金額が知りたい。
引越しの見積もりは、最短でいつ取れるのでしょうか?
静岡で引越し!見積もり取るならどの引っ越し業者?
しつこい引越し見積もり電話にはどう対処する?
スーモで引越しの見積もりを!他社と比較したメリットとは?
引越しの際、洗濯機のみを業者に運んでもらう場合の見積もりは?
引越しの掃除がメンドクサイ!外注する場合の見積もりは?
一人の引越しは単身パックが便利!リアルな見積もり金額は?
単身引越しに便利な日通の単身パックの特徴と見積もり金額
当日見積もり当日引越しのメリットやデメリット
部屋が汚いと引越し見積もりは不利になる?それってホント?
東京で引越し見積もりを取るならどこ?オススメ業者3選
引越しの訪問見積もりで即決はしても大丈夫でしょうか?
引越し見積もりの効果的な値切り方についてまとめてみたぞい!
名古屋の引っ越し見積もりでオススメ業者を3つご紹介!
引っ越しの訪問見積もりで女性が注意したこととは?より賢い方法もご紹介
引っ越し見積もりで不用品回収費用を出してもらおう!ヤマトが気になる
引越し見積もりより荷物が増えた!これって運んでもらえる?
一人暮らしの引越し見積もりが30万円を越えるなんて、あり得るの?
冷蔵庫オンリーのお引越し!気になる見積もりはどのくらい?
引越しの見積もりは慎重に。こんなトラブルにご用心!
引越しのダンボールは無料が当然?見積もりはここに注目!
赤帽の単身引越しは安い!その理由は見積もりで明らかになる
夫婦の引越し相場には幅がある!見積もり取得は複数社で。
12月の引越し見積もりは地味に高い!?その理由と対策
ベッドがある場合の金額の相場や注意点など
福岡~東京、長距離見積もりのコツ
5月は引越しの見積もりが安い!その理由と相場金額は?
ワンルームをもっと安くする方法
1Kの料金をとことん安くしたいなら
3人家族の見積もりを安くするコツ
1月の相場と、もっと安くする裏ワザ
6月の相場と、考えておきたい雨対策
当日にありがちな追加料金トラブル
岐阜県でオススメの引越し業者
10月の料金相場は?
4人家族の見積もり相場とコストダウンのコツ
離婚に伴い、注意すべきポイント
ペットの輸送方法と料金目安
9月の料金相場は?