引越し 見積もり 価格

MENU

引越しの価格を安くしたい!見積もり前に知っておきたいコト

引越しの正確な価格を知るには見積もりを取るのが一番確実!

 

じゃが、その取り方や使い方次第で、価格はもっと安くなる可能性があるんじゃよ。

 

また、単身なら見積もりをもらわずとも金額の目安を知ることができるぞい。

 

引越しをもっとリーズナブルにするために、諸君自身にできることをチェックしておくのじゃ!

 

引越しの価格は、定価のない世界じゃ。

 

安くなるも高くなるも、自分の動き次第。

 

だからこそ、見積もりを依頼する前のリサーチや作戦が必須なのじゃ!

 

へ~、便利!こんなサイトがあるんだ!

ネットで何か物を買う時、「とりあえず、価格.comをチェックしてみる」という諸君は多いことじゃろう。

 

それは「モノ」だけではなく引越しでも同じ!

 

価格.comでは、引越しの費用・料金相場についてのまとめページもあるんじゃよ。

 

一般的に、「引越しは荷物の量によって費用が変わるから、見積もりを取ってみないと実際の金額はわからない」

 

と言われておるが、だいたいの目処をつけるならこのサイトがとても役に立つぞい。

 

例えば、単身で15km以内の引越しをする場合。

 

平均は28,742円で、荷物が多めだと37,581円。

 

つまり、同一市内での引越しならだいたい3~4万円あれば引越しができそうじゃな。

 

これが500km以上の遠距離引越しとなると5~7万円と高額になるようじゃ。

 

また、「いつ引っ越しをするか?」も価格を左右するポイントで、引越し件数が多い繁忙期と閑散期とでは1万円以上の差が出てくるんじゃよ。

 

見積もりを取得する場合は、荷物の量だけではなく「時期」による価格差にも注目すべきじゃな!

 

どうすれば価格を安く抑えられるのか?

このように、価格.comを参考にすれば見積もりを取らなくても引越しにかかる費用の目安がわかる。

 

じゃが、これはあくまでも平均。

 

業者によって数千円~数万円もの違いが生じるというのが引越し業界の面白くもシビアなところじゃ。

 

当然、引越しを依頼する側としては「どうすれば価格を安く抑えられるか」が気になるところ。

 

安くあげるための基本的なポイントは、以下の通りじゃ!

 

  • 繁忙期(入学・入社シーズンの3月~4月、転勤が多い秋)を避ける。
  • 曜日や時間帯にこだわらない。(平日の午後が安い!)
  • 不用品は徹底的に処分して荷物を減らす。
  • 有料のオプションを使わない。
  • 早めに申し込んで早期割引を活用する。

 

一人暮らしのメリットをフルで生かそう!

引越しの価格は、実際に荷物の量を見て見積もりを作ってもらわなければわからない・・・

 

とよく言われるし実際にその通りなんじゃが、単身引越しの場合はその限りではない。

 

徹底的に荷物を減らして引越しをミニマムにすれば、宅急便感覚で引越しができるお得なプランも利用できるのじゃ。

 

また、少ない荷物や家具を運ぶだけであれば、大家族の引越しに比べて業者間のクオリティの違いはさほど気にならないじゃろう。

 

小さな子供がいて梱包も手伝ってもらわなければならないとなると、

 

「A社よりもB社のほうが価格が安い」

 

とか「作業が丁寧だ」

 

とか、どうしても企業差が出てくるからのう。

 

そこをあまり気にしなくて良い、という分だけ単身引越しは選択肢の幅が広いし、値引き交渉も強気でいけるじゃろう。

 

ちなみに、引越しの価格は大手業者よりも地域密着の中小業者のほうが安くなる傾向があるようじゃ。

 

中小は大手に比べてサービスの質が劣る部分があるのは否めないが、そのエリアの事情をよく心得ているという強みがある。

 

(例えば、渋滞する道を避けてスピーディーに運搬を終わらせるとか)

 

まずは大手、そして地域密着・・・

 

と別の特徴を備えた複数の引越し業者から見積もりを取得して、価格やサービスの内容をじっくり比較してみることじゃな!

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク