引越し 見積もり 近距離

MENU

近距離の引越しは業者選びが鍵!賢い見積もりの取り方とは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

県をまたいでの遠距離引越しに比べれば、県内、市内の「近距離」は経済的、心理的、体力的にも負担は軽そうに思われる。

 

加えて、業者の選び方次第ではもっとラクに引越しができるかもしれんのじゃ!

 

そこで必要な相見積もり。

 

近距離の場合はどんな業者から見積もりを取れば良いのか?

 

近場の引越しは 自分たちの新幹線移動などがない分だけ気持ちの上では楽ちん。

 

じゃが、近距離のほうがサービス内容や見積もり金額に業者間での差が出やすいという説も!?

 

そもそも「近距離」ってどこまでのこと?

引越しの区分には「近距離」と「遠距離」があり、見積もりの金額も違ってくる。

 

距離が長くなるほどに金額も高くなっていくわけじゃが、そもそも近距離とはどのくらいの距離を意味するのか?

 

これは業者によっても解釈が異なるようじゃが、一つの目安となるのは「15km」。

 

15kmというと、だいたい「市町村区内」の引越しであるケースが多いため、15km未満は「近距離」ということで安いプランが設定させていたりするんじゃ。

 

ただ、15kmでも市をまたいでの引越しの場合もあるし、これはもうケースバイケースじゃな。

 

見積もりを取得する場合は、その業者が何をもって「近距離」と捉えているのか、その判断基準も確認しておくべきじゃろう。

 

近距離、遠距離で業者を使い分けよう!

大手の引越し業者の場合、全国に拠点があるケースが多いので近距離だろうが遠距離だろうがドンと来い!という感じじゃ。

 

一方、地域密着型の中小業者だと多くは「○○市内だけ」「○○県内だけ」「○○地方内だけ」とエリアを近距離に限定しておる。

 

じゃが、渋滞を回避する道を知っていたり、時間的な融通を利かせてもらえたり、イザという時に臨機応変な対応をしてもらえたり、なにより料金が安かったりとメリットも多いんじゃよ。

 

引越しは全国区で名前の知れた業者に任せるのが安心だ、というブランド志向が根強く定着しているような感もあるが、近距離であれば地元の業者を使ったほうが安くて満足度の高い引越しができるかもしれんぞ。

 

近距離と遠距離で引越し業者を使い分けるという発想が必要かもしれん。

 

試しに、「大手」と「地域密着業者」両方の見積もりを取得して比較してみると、違いがわかりやすいじゃろう。

 

近距離引越しの見積もりを取る場合は、大手と地元密着系の両方の業者から取得することじゃな!

 

自力で近距離引越しをする場合のメリットとデメリット

ちなみに、15km程度の近距離引越しであれば業者に頼らずに自力でやれるんじゃないか!?・・・という声も聞こえてきそうじゃのう。

 

確かに、荷物が少ない単身の引越しであれば、トラックすら借りずに引越しを済ませられるかもしれん。

 

しかし、良いことばかりではなく、やはりプロのサポートが必要になる場面もあるんじゃ。

 

ここでは、自力で引越しをするメリットとデメリットについてまとめてみたぞい!

 

自力引越しのメリット
  • 訪問見積もりに来てもらう必要がない
  • 業者選びに時間を割く必要がない
  • 段ボールに全てを梱包する必要がないので手間が省ける
  • 自分のペースで引越しができる
  • 費用を抑えられる

 

自力引越しのデメリット
  • 近距離とはいえ、何度も往復しているとそれなりにガソリンを消耗する
  • 疲れる
  • 大事な家具を破損してしまうリスクがある
  • 大型家具は一人では運べないかもしれない(ソファなど)
  • かといって友人に手伝ってもらうと、何かお礼をしないといけなくなる
  • エアコンの着脱は素人には無理

 

大きなソファは玄関から出せずにリビングの窓を外して運んだりすることもあるんじゃが、それは一人では無理じゃから誰かの助けが必要になるじゃろう。

 

また、エアコンの着脱も他の専門業者に依頼するになり、かえって高くつくことになるかもしれん。(引越し業者の中にはオプションとして格安でやってくれるところもある!)

 

自力で引越しを決行するのであれば、こういったデメリットも考慮の上で、当日の動きをあらかじめシミュレーションしておくことが大切じゃな。

 

できれば、旧居と新居を重複して借りられる期間が1週間くらいは欲しいのう。

 

引越し作業に専念できる土日が2回あれば、あれこれスムーズに片付くじゃろう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

引越しの見積もりは一括サイトが便利!デメリットはないの?
引越しの一括見積もりサイトに潜む危険。どんなトラブルが?
単身での引越しはまだまだ安くなる!見積もりの比較がカギ!
料金高めなアート引越しセンター。見積もりをもっと安く!
引越しの相場感をつかむ!見積もりの要チェックポイントは?
アリさんマークの引越し社ってどう?見積もり金額を教えて!
引越しの見積もり取得に内見は必須?しない場合のリスクとは
引越し見積もりの内訳はこんな感じ!業者間で差が出るのは?
引越しのエアコン取り付けを安くしたい!まずは見積もり!
東京~大阪の見積もりを比較!納得のいく引越しを目指して
大手の引越し業者の見積もりはどんな感じ?相場感をつかめ!
見積もりを使ってもっとお得に!賢い引越しで無駄をカット!
大阪市内の引越しを安く!見積もりに納得できなかったら?
引越しの価格を安くしたい!見積もり前に知っておきたいコト
質の高い引越しを格安で!見積もりの取り方が成功の鍵?
鹿児島県で勢いのある引越し業者は?見積もり相場も教えて!
引越し費用がキャッシュバック!?一括見積もりでお得に!
この引越し見積もり、キャンセルしたい!そんな時どうする?
引越しの見積もりはココに注目!チェックすべき確認リスト
引越しの訪問見積もりは実は危険!帰らない営業マンの対処法
引越しの見積もりでクオカードをGET!って信じて大丈夫?
単身引越しはクロネコヤマトで!見積もり取得も楽ラクに!
関西の引越しは大手か?地元密着か?ネットで一括見積もり!
京都で人気の引越し業者!見積もり取るならまずはこの3社
引越し見積もりはクローゼットの中もオープンに!理由は?
引越しを成功させる見積もりのコツ。絶対に損はしたくないから
引越しの見積もりと契約はどう違う?こんなトラブルにご用心
梱包までお任せしてラクラク引越し!気になる見積もり価格は?
引越し見積もりは何ヶ月前に取るのがベスト?3ヶ月前?2ヶ月前?
札幌エリアの引越し相場は?見積もり金額が知りたい。
引越しの見積もりは、最短でいつ取れるのでしょうか?
静岡で引越し!見積もり取るならどの引っ越し業者?
しつこい引越し見積もり電話にはどう対処する?
スーモで引越しの見積もりを!他社と比較したメリットとは?
引越しの際、洗濯機のみを業者に運んでもらう場合の見積もりは?
引越しの掃除がメンドクサイ!外注する場合の見積もりは?
一人の引越しは単身パックが便利!リアルな見積もり金額は?
単身引越しに便利な日通の単身パックの特徴と見積もり金額
当日見積もり当日引越しのメリットやデメリット
部屋が汚いと引越し見積もりは不利になる?それってホント?
東京で引越し見積もりを取るならどこ?オススメ業者3選
引越しの訪問見積もりで即決はしても大丈夫でしょうか?
引越し見積もりの効果的な値切り方についてまとめてみたぞい!
名古屋の引っ越し見積もりでオススメ業者を3つご紹介!
引っ越しの訪問見積もりで女性が注意したこととは?より賢い方法もご紹介
引っ越し見積もりで不用品回収費用を出してもらおう!ヤマトが気になる