引越し 見積もり 何ヶ月前 2ヶ月 3ヶ月

MENU

引越し見積もりは何ヶ月前にとる?引っ越し業者のルールを確認!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

2018年3月現在は、引越したくてもできない「引越し難民」が問題になっておる。

 

中には見積もりを取ることさえ断られたという諸君もおるようじゃ。

 

では、何ヶ月前から申し込んでおけば確実なのか?

 

ここでは見積もり取得のポイントについてまとめてみたぞい!

 

働き方改革の影響で引越し業者も営業のスタイルを変えており、1日にできる引越しの件数を減らしたりしているのが「難民」の原因のようじゃ。

 

また、ドライバーが給料の高い業者に流れる動きも活発化しており、人手を確保できないという悩みも。

 

そんな時期でも確実に引越しをするには、まさに「先手必勝」!

 

見積もりを取るのは早ければ早いほうが良い

働き方改革だ、なんだといっても、日本企業の多くは4月から新年度が始まる。

 

これは学校も同じじゃから、3月~4月にかけて引越しの件数が集中することになるわけじゃ。

 

世の中全体の働き方改革はさほど進んでいないのに、引越し業者が思い切った動きを起こしたものだからこりゃ大変!難民もでるわけじゃな。

 

当然、料金も高騰しており、単身引越しでも2016年の同じ時期より平均で1~2万円高くなっているとか。

 

「〇十万円支払って引越した」という人もいるほどなんじゃよ。

 

ならば、何ヶ月前に見積もりを取っておけば難民にならずに済むのか?ということじゃが、正解は「早ければ早いほど良い」。

 

急な転勤は仕方がないにしても、そうでないなら少なくとも2ヵ月前には見積もりを依頼しておきたいところじゃ!

 

引越しの予約にルールはないの?

しかし、いくら「できるだけ早く見積もりを取ったほうが良い」とはいっても、引越し業者にも都合はあるじゃろう。

 

引越しの半年前や1年前でも引越しの見積もりは依頼できるのか?そんな先の引越しの予約が取れるのか?・・・そこは疑問じゃな。

 

調べてみたところ、例えば「アート引越センター」の場合は、見積もり依頼画面で選べる「予定日」は約1年半先まで日付を指定できるようになっておる。(2018年3月現在の場合は2019年8月まで)

 

アリさんマークの引越社も2018年3月の時点で2019年の予約まで取れるようになっておるから、基本的には1年先くらいまでの引越しなら問題なく予約が取れるのじゃ。(※業者によっても異なるじゃろうから、事前に確認が必要じゃがな)

 

進学の場合は合格しないと引越しはできんじゃろうし、転勤も辞令が出てみないと行先がわからないという問題はあるじゃろう。

 

そもそも、1年前に転居先が決まるというのは賃貸だとあり得ない感じもするのじゃが・・・、何ヶ月前でもとにかく「引越し先が確定した時点で」すぐに見積もりを依頼しよう!

 

そうすることで、今住んでおる物件の退去日も決められるし、余裕を持った引越しが可能になるのじゃ。

 

※ただし、予約してから1年の間に荷物が増えてしまうと、見積もりの金額が変わってしまうこともあるので、引越しが確定しているなら荷物を増やさないように注意しよう!

 

でも、キャンセルって気軽にできるの?

このように、引越しは、基本的には何ヶ月前でも見積もりを依頼できるのじゃが、予定は未定であって変更はよくあることじゃ。

 

進学先や就職先が変わったり、転勤の予定が変わったり。

 

もしかしたら進学や就職の話そのものがキャンセルになってしまう可能性もあるじゃろう。

 

それで引越しをキャンセルする場合、やはり気になるのはお金のことじゃな。

 

キャンセル料が発生するなら、あまり早まって引越しの予約をしないほうが良いんではないか?と思われるかもしれん。

 

じゃが、そこは国土交通省が定めているルールがあってのう。

 

「前日の解約は料金の10%、当日解約は20%。2日前以前なら0%」と決まっておるのじゃ!

 

なので、半年前に予約した引越しを予定日1ヶ月前にキャンセルしたとしても、費用は発生しない!

 

ならば、できるだけ早く見積もりを取って確実に予約を確保しておいたほうが賢いといえるじゃろう。

 

早めに予約すれば割引特典が受けられたり、日程に融通をきかせてもらえたりとメリットもいっぱいじゃ。

 

「引越しの予定は決まってるけど、何ヶ月前から予約できるんだろう」と迷っているなら、今すぐ電話ですね。

引越しの見積もり取るなら2ヵ月前が理想的?その理由は?

「引越しの見積もり取得は2ヵ月前がいい」と言われる理由について考えてみました。

 

「引越しの見積もりは予定日の2ヵ月前くらいに取るのが良い」と言われておる。

 

それは一体何故なのか?費用の問題なのか、それともスケジュール的に2ヵ月前が都合がよいのか。早過ぎても遅くてもデメリットが多い、引越しの見積もり取得について考えてみよう!

 

引越ししなければいけないことが確定した時、パッと動ける人もいれば、面倒なことは先延ばしにしてしまう人もいるじゃろう。

 

「引越し難民」になるのを避けるためには、一体どのくらいの時期を目安に見積もりを依頼すれば良いのじゃろうか?

 

引越しの見積もりは「1~2ヵ月前」がベストなタイミング!

大手引越し比較サイトが実施した調査によれば、「引越し予定日の1~2ヵ月前に見積もりを依頼した」と回答した人が多かったそうじゃ。

 

理由の一つとして挙げられるのは、賃貸物件の契約内容。

 

「退去する1か月前までに管理会社に連絡すること」と定められているケースが多いので、「2ヵ月くらい前から引越しに向けて動き出す」という方が多いようじゃ。

 

中には「転居先は確定していなかったけど、だいたいこの辺というエリアだけは決まっていたので、とりあえず2ヵ月前に荷物の量だけは見てもらった」というケースもあるぞい。

 

また、転勤の内示や辞令が出るのが1~2ヵ月前という会社が多いのも、見積もり取得の時期に大いに影響しているじゃろう。

 

「2ヵ月前に引越しの見積もりを取る」というのはかなりスピーディーな対応といえるのう!

 

早過ぎることのデメリットもある

ただ、新居を建てることに伴う引越しや、「卒業して実家に戻る」というタイプの引越しだと、2ヵ月前どころか半年前に予約しておきたい!というケースも考えられるじゃろう。

 

例えばアート引越しセンターの見積もり依頼のページを見ると、引越しの予定日として1年半先まで指定できるようになっておる。

 

つまり、半年前でも1年前でも、引越しの予約をしようと思えばできないことはないのじゃろう。

 

じゃが、人は物を増やす生き物・・・。

 

これからの半年でどれだけ物が増えるかは本人にも予測できないところがあるじゃろう?(いきなりソファーが欲しくなって衝動買いするかもしれんし、同棲を始めて家財が2倍になるかもしれん!)

 

それを考えると、半年、1年も前に引越しの見積もりを取るというのは現実的ではないのう。

 

やはり「2ヵ月前」くらいがベストな選択といえるのではないじゃろうか!

 

2ヵ月前に申し込んでおけば、各種割引(早割り)なども使えて出費も抑えられるはずじゃ。

 

時期によってもベストなタイミングは違う

しかし、時期やエリアによっては2ヵ月前の見積もり依頼でも決して早くはない。

 

例えば、進学や転勤に伴って人々の移動が活性化する3月~4月は引越し業者の争奪戦!

 

他の時期よりも数万円高いお金を支払っても引越しができない・・・なんてこともあるのじゃ。

 

働き方改革でドライバーの確保が難しくなっていた2018年の春は特に、引越しできずに途方に暮れる人が多かったようじゃな。

 

4月下旬~8月にかけてのオフシーズンであれば「2ヵ月前の見積もり」は余裕じゃが、3月~4月のハイシーズンはそれでも厳しいかもしれん。

 

「まだ2ヵ月あるから」と油断せず、早め早めに動くことをおススメしたいのう!

引越しの3ヶ月前に見積もりを取るのはアリ?それともナシ?

引越し難民・・・なんてことにならないように、手配は早め早めに済ませていきたいところ。

 

じゃが、あまりに気ぜわしくなるのも考えものじゃな。では、予定日の3ヶ月前に見積もりを取るというのはどうじゃろうか。

 

しをスタートさせるタイミングとして「3ヶ月前」は早いのか普通なのか?

 

見積もり取得のポイントもチェック!

 

一人暮らしの引越しというと、タイミングとしては就職や転勤が多いのじゃなかろうか。

 

その場合、3ヶ月前に動き始めるというのは現実的なのか?

 

引越しの3か月前ってどんな時期?

例えば、4月からの新生活に備えて3月末に引越しをするとして。

 

3ヶ月前というと、その前の年の年末~1月の上旬あたりじゃろう。

 

進学の場合、推薦入学ならすでに合格が決まっているケースがほとんどじゃな。

 

その場合jは、3ヶ月前に引越しの見積もりを取って契約するというのは十分にアリじゃ。

 

引越しの予約自体は半年前でも可能じゃから、3ヶ月間の予約は特に早過ぎるというわけではなかろう。

 

また、マイホームや分譲マンションを購入して住み替えるという場合も3ヶ月前には予定が確定しておるじゃろう。

 

あらかじめ転居先がわかっているのであれば、その時点で見積もり比較&業者選びを始めたほうが確実に予約できるし、割引がきいたりして費用もオトクになるのじゃよ。

 

特に春先の引越しは先手必勝!

 

まずは「仮押さえ」という手もある

しかし、仕事の事情が絡む引越しとなるとそうはいかんじゃろう。

 

「今度の春あたり、なんとな~く転勤になりそうな気がするな」と思っていても、実際には辞令が出てみないとわからないというケースがほとんどじゃ。

 

4月からの人事異動の辞令を3ヶ月前に出す会社はほとんどないじゃろうから、仕事がらみだと先手を打って業者を予約しておくというのはあまり現実的ではなかろう。

 

(転勤が多い企業だと会社側が引越しの”枠”をまとめて押さえてあるので、基本的には難民になるリスクはなさそうじゃ)

 

そもそも、基本的には引越し先が決まらなければ正確な見積もりも出せないのじゃ。

 

距離はもちろんのこと、その物件の立地条件(トラックは入れるか、停めて作業できるか?等)や物件のタイプ(階数やエレベーターの有無)も見積もり金額を大きく左右するんじゃよ。

 

ただ、業者によっては引越しの詳細が決まっていない段階でも、わかっている内容に応じて「仮押さえ」ができるところもあるようじゃ。

 

「○○から△△のエリアに、だいたいこの〇月の月末あたりに」というところまでわかっていれば、3ヶ月前っであっても仮予約は可能かもしれん。

 

なんとしても予約を取っておきたい!ということなら、まずは引越し業者にその旨を相談してみよう。

 

増えるもの、減るものを確認しておこう

3ヶ月あれば時間をかけた断捨離も可能じゃろうし、逆に何か思わぬものを買ってしまう可能性もある。

 

(イベントで家電が当たった!なんてラッキーな展開も無きにしも非ずじゃ。)

 

3ヶ月というのは物が増えるには十分な時間なのじゃ。

 

荷物の量が変わると見積もり金額も変わってしまう可能性があるから、可能であれば直前にもう一度見積もりをしてもらうか、あるいは荷物の増減を正確に電話で伝えるのが理想的じゃな。

 

そうでないと、「本当はもっと安くできたのに無駄にお金を払ってしまった」とか「当日、追加料金を請求されて思わぬ出費!」なんてことにもなりかねん。

 

引越しの3ヶ月前に見積もりを取るというのは先手必勝で計画的ではあるが、そんなリスクがあることも覚えておこう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

引越しの見積もりは一括サイトが便利!デメリットはないの?
引越しの一括見積もりサイトに潜む危険。どんなトラブルが?
単身での引越しはまだまだ安くなる!見積もりの比較がカギ!
料金高めなアート引越しセンター。見積もりをもっと安く!
引越しの相場感をつかむ!見積もりの要チェックポイントは?
アリさんマークの引越し社ってどう?見積もり金額を教えて!
引越しの見積もり取得に内見は必須?しない場合のリスクとは
引越し見積もりの内訳はこんな感じ!業者間で差が出るのは?
引越しのエアコン取り付けを安くしたい!まずは見積もり!
東京~大阪の見積もりを比較!納得のいく引越しを目指して
大手の引越し業者の見積もりはどんな感じ?相場感をつかめ!
見積もりを使ってもっとお得に!賢い引越しで無駄をカット!
大阪市内の引越しを安く!見積もりに納得できなかったら?
引越しの価格を安くしたい!見積もり前に知っておきたいコト
質の高い引越しを格安で!見積もりの取り方が成功の鍵?
鹿児島県で勢いのある引越し業者は?見積もり相場も教えて!
引越し費用がキャッシュバック!?一括見積もりでお得に!
この引越し見積もり、キャンセルしたい!そんな時どうする?
引越しの見積もりはココに注目!チェックすべき確認リスト
引越しの訪問見積もりは実は危険!帰らない営業マンの対処法
引越しの見積もりでクオカードをGET!って信じて大丈夫?
単身引越しはクロネコヤマトで!見積もり取得も楽ラクに!
関西の引越しは大手か?地元密着か?ネットで一括見積もり!
京都で人気の引越し業者!見積もり取るならまずはこの3社
引越し見積もりはクローゼットの中もオープンに!理由は?
近距離の引越しは業者選びが鍵!賢い見積もりの取り方とは
引越しを成功させる見積もりのコツ。絶対に損はしたくないから
引越しの見積もりと契約はどう違う?こんなトラブルにご用心
梱包までお任せしてラクラク引越し!気になる見積もり価格は?
札幌エリアの引越し相場は?見積もり金額が知りたい。
引越しの見積もりは、最短でいつ取れるのでしょうか?
静岡で引越し!見積もり取るならどの引っ越し業者?