引越し 見積もり クローゼットの中

MENU

引越し見積もりはクローゼットの中もオープンに!理由は?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

たとえ荷物の少ない一人暮らしの引越しであっても、正確な金額を出すためには訪問見積もりをお願いするのが確実じゃ。

 

その際に、ちと気になるのはクローゼットの中身。

 

なにかとプライベートなものが隠された空間じゃが、引越しの訪問見積もりではクローゼットの中まで見せる必要があるのじゃろうか?

 

最近は自らの収納力の高さをアピールするためにインスタグラムでクローゼットの中を公開しておる強者も多いようじゃ。

 

じゃが、一般的には「できれば見られたくない空間」なんじゃなかろうか?

 

そこを「見せてくれ」と言われたら・・・君ならどうする!?

 

 

正確な見積もりのためにはクローゼットの中身もオープンに!

人に見られたくない物は、とりあえずクローゼットに隠しておけ!

 

・・・ってな具合でクローゼットがパンパンになっている諸君もおるかもしれんが、引越しの訪問見積もりでは基本的にクローゼットの中もOPENにする必要があるぞい。

 

なぜなら、そこを見ないと正確な荷物の量を判断できないから。

 

クローゼットの中にどれだけの量の物があるかはいくらベテラン営業でも予想できないじゃろうし、その量次第でトラックの大きさが変わる可能性もあるのじゃ。

 

営業担当としては、

 

「訪問見積もりに来たからにはココを見ないと帰れない!」

 

というくらい重要な場所と言えるじゃろう。

 

じゃが、一部の情報では「クローゼットの中までは見られなかった」という声もある。

 

担当の営業さんは2LDKの部屋をざくっと見て、それだけで大まかな荷物量を推定できたようじゃ。

 

よほど、人を見る目のある営業担当者だったんじゃろうか!?

 

(「この人の性格なら、クローゼットの中にはさほど物を溜め込まないだろう」と予測する力が身に着いていたとか?)

 

自意識過剰かも!?仕事だから別に気にしません・・・

ただ、上記のようなケースは例外で、たいていはクローゼットの中まで把握した上で見積もりを出すようじゃ。

 

女性の一人暮らしだと特に、「クローゼットの中には下着とかもしまってあるし、そこまでは見せたくない」という防衛本能が働くかもしれん。

 

また、「なんだか自分の秘密を覗かれるような感じがして嫌だ」と感じる人もいるかもしれんし、単純にごちゃごちゃで散らかっているから見られたくないという声もあるじゃろう。

 

じゃがな、引越しの訪問見積もりはあくまでも「仕事」じゃ。

 

営業担当者としては、女物の下着だろうが秘密の趣味の物が保管されていようが、さほど興味はない。

 

(それが法に触れるものであれば別じゃがな)

 

彼らはただ、引越しの荷物の量を把握したいからクローゼットの中を見せてくれと言うだけじゃ。

 

あまり自意識過剰にならず、こちらもドライに対処したほうが良いぞい!

 

「どうしても」って物はココに避難!

もし、クローゼットの中に「どうしてもこれだけは他人に見られたくない」と思う物があるから、次のような方法で隠しておこう!

 

床下収納

もし今住んでいる物件に床下収納があるなら、そこに避難させてその上にラグを敷いておけば良かろう。

 

床下収納があることに気づかれなければ、「中を見せてくれ」とは言われないはずじゃ。

 

トイレ

引越しの訪問見積もりでは、トイレの中まではわざわざチェックしないようじゃ。

 

衛生面はちと気になるが、一時的にここに避難させるのも良いじゃろう。

 

お風呂の浴槽の中

トイレはもしかしたら見られるかも・・・

 

と不安なら、バスルームの浴槽の中に入れてフタをしてしまえば良かろう!

 

その後、隠したことを忘れてお湯を入れてしまったりしないように注意が必要じゃがな・・・!

クローゼットの中も当然見られる、引越しの見積もり

引越しの見積もりを正確におこなうには、荷物の把握が必要、クローゼットの中も当然、見られます。

 

ですから、見られても平気なように、普段からのクローゼットの中は整理整頓しておくべき。

 

引越しの見積もりのためだけでなく、スペースの有効活用にも重要なのです。

 

クローゼットの中も全部見られます!

引越しの正確な見積もりのために、業者の営業マンを家に呼ぶ、これはしょうがないことなのです。

 

家中の荷物がどれだけあるのか?使用する車両は?必要な人員は?梱包作業は必要なのか?

 

これらのことがわからなければ、引越しの見積もりを出すことができないのです。

 

あらかじめ荷造りがしてあれば、梱包された後の荷物の量を計算することで、見積もりを造ることができます。

 

しかし、まだ荷造りが途中の場合、引越しで持っていく荷物を把握しなくてはなりません。

 

ですから、荷物が入っている場所全てを見たがります。

 

屋根裏収納や玄関収納、クローゼットの中など全てを見られてしまいます。

 

クローゼットの中にどれぐらいの衣類があるのか?梱包材はどれぐらい用意しなくてはならないのか?

 

それとも、梱包作業はお客さんがやってくれるのか?

 

これらの情報は、引越しの見積もりで必要になってくるものなのです。

 

正確な見積もりには必要なことなのです

「クローゼットの中は整理整頓ができていないから、営業マンに見てほしくない」そんなことを思う人もいるでしょう。

 

まあ、クローゼットの中の荷物を把握しなくても見積もりをすることはできます。

 

しかし、それは正確なものではありません。

 

後から荷物が多くなったならば追加料金を取られる。

 

このことを覚悟するならばクローゼットの中を見せないのもいいのですが、それでは何のために現場を見てもらっているのかわからない。

 

ですから、少々恥ずかしかろうと、クローゼットの中は見てもらう、正確に見積もりを出してもらうことが必要なのです。

 

引越し前で家が散らかっている、クローゼットの中を見られてしまう、見積もりなんてとんでもない!

 

そう思うかもしれませんが、例え「ゴミ屋敷」の様になっていても、営業マンは手慣れたもの。

 

大抵の酷い状態は見慣れていますから、その点は安心しておくべきでしょう。

 

不要物を処分してくれるサービスもありますが

普段から、クローゼットの中は整理整頓をしておくべきなのです。

 

そして、普段からいらないものが出てきたならば、小マメに処分しておくことが必要。

 

さもないと、引越しの時に大量の不要物となり、処分を依頼することになる。

 

すると、余計な費用がかかってしまうのです。

 

最近の引越し業者は不要物の処分も確かにおこなってくれますが、もちろんそれは有料のサービス。

 

付帯作業を可能な限り減らすというのは、お得な引越しをする上で重要なポイントなのです。

 

クローゼットの中を見られても恥ずかしくない状態を保つ。

 

これは、限られた住居を有効活用する上でも重要なポイント。

 

整理整頓は、経済的な生活にも有効なのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

引越しの見積もりは一括サイトが便利!デメリットはないの?
引越しの一括見積もりサイトに潜む危険。どんなトラブルが?
単身での引越しはまだまだ安くなる!見積もりの比較がカギ!
料金高めなアート引越しセンター。見積もりをもっと安く!
引越しの相場感をつかむ!見積もりの要チェックポイントは?
アリさんマークの引越し社ってどう?見積もり金額を教えて!
引越しの見積もり取得に内見は必須?しない場合のリスクとは
引越し見積もりの内訳はこんな感じ!業者間で差が出るのは?
引越しのエアコン取り付けを安くしたい!まずは見積もり!
東京~大阪の見積もりを比較!納得のいく引越しを目指して
大手の引越し業者の見積もりはどんな感じ?相場感をつかめ!
見積もりを使ってもっとお得に!賢い引越しで無駄をカット!
大阪市内の引越しを安く!見積もりに納得できなかったら?
引越しの価格を安くしたい!見積もり前に知っておきたいコト
質の高い引越しを格安で!見積もりの取り方が成功の鍵?
鹿児島県で勢いのある引越し業者は?見積もり相場も教えて!
引越し費用がキャッシュバック!?一括見積もりでお得に!
この引越し見積もり、キャンセルしたい!そんな時どうする?
引越しの見積もりはココに注目!チェックすべき確認リスト
引越しの訪問見積もりは実は危険!帰らない営業マンの対処法
引越しの見積もりでクオカードをGET!って信じて大丈夫?
単身引越しはクロネコヤマトで!見積もり取得も楽ラクに!
関西の引越しは大手か?地元密着か?ネットで一括見積もり!
京都で人気の引越し業者!見積もり取るならまずはこの3社
近距離の引越しは業者選びが鍵!賢い見積もりの取り方とは
引越しを成功させる見積もりのコツ。絶対に損はしたくないから
引越しの見積もりと契約はどう違う?こんなトラブルにご用心
梱包までお任せしてラクラク引越し!気になる見積もり価格は?
引越し見積もりは何ヶ月前に取るのがベスト?3ヶ月前?2ヶ月前?
札幌エリアの引越し相場は?見積もり金額が知りたい。
引越しの見積もりは、最短でいつ取れるのでしょうか?
静岡で引越し!見積もり取るならどの引っ越し業者?
しつこい引越し見積もり電話にはどう対処する?
スーモで引越しの見積もりを!他社と比較したメリットとは?
引越しの際、洗濯機のみを業者に運んでもらう場合の見積もりは?
引越しの掃除がメンドクサイ!外注する場合の見積もりは?