引越し 見積もり 内見

MENU

引越しの見積もり取得に内見は必須?しない場合のリスクとは

引越しの見積もりを取る場合、どれだけ正確に荷物の量を把握できるかが重要なポイント!

 

後で追加料金が発生したりするトラブルを避けるためにも、理想的には内見してもらったほうが良いじゃろう。

 

ただ、複数社の引っ越し見積もりを比較したい場合は、全社に内見をお願いする余裕はない!

 

・・・そんな時はどうするべき?

 

ざっと部屋を見回してみて、そこに置かれている荷物をトラックに積むことをイメージして欲しい。

 

段ボール箱に詰めたら、何個分?一体、何tのトラックが何台必要じゃろうか?

 

素人には検討もつかないことじゃが、プロの目でみれば一目瞭然なのじゃ!

 

「内見」とはなんぞや?

インターネットが普及し、引っ越しの見積もりも簡単に取得できる時代。

 

しかも複数社から同時に見積もりをもらって比較できるサイトがあるというのは、目の付け所がニクイのう!

 

さて、この引越しの見積もりサイトについて調べていくと、「内見が必要かどうか」という話題がよく上がっておる。

 

「内見」というのは「内部見学」の略で、不動産でよく使われるキーワード。

 

一般的には、気になる不動産物件の部屋の中を見学しに行くことを指して使われる言葉じゃな。

 

引越しの見積もりの場合は、「どれだけの荷物があるか、引っ越し業者が依頼主の自宅までチェックしにくる」ことを表しておる。

 

メールや電話でのやり取りのみで見積もりを出してくれる業者もあれば、内見必須の業者もあり、その対応の違いに戸惑うユーザーも多いようじゃ。

 

見積もりを取るのに内見は必須?

引越しの見積もりを依頼するほうとしては、できればメールや電話だけで済ませたいという思いがあるじゃろう。

 

他人を家に招くのに抵抗を覚える諸君もおるじゃろうし、女性の一人暮らしなら防犯面も心配じゃ。

 

それに、複数社の内見を受けるとなると、時間の調整も難しいじゃろう。

 

つい「内見ナシの業者に決めちゃおうかな」という気分になってしまうのも無理はないのう。

 

じゃがな、プロの目で見なければわからないこともあるぞい。

 

見積もりを取る場合、「段ボールの数はどのくらいになるか?」という質問項目があるんじゃが、これは実際に詰めてみないとわからないというのが本音じゃろう?

 

引越しの見積もりを依頼する時点ではまだ荷造りをしていない段階じゃろうから、「たぶん、このくらいだろう」という予測をベースに入力するわけじゃが・・・。

 

プロの目で見てもらうと、かなり正確に荷物の量を査定することができるんじゃ。

 

結果的に、修正のない正確な見積もり金額を出してもらえるというメリットが得られるというわけじゃ。

 

ただし、こんな失敗談もある

荷物の少ない一人暮らしの引っ越しであれば、内見ナシの単身パックでもいけるじゃろう。

 

じゃが、ちょっと荷物が多かったりすると、思わぬ追加料金が発生するケースもあるぞい。

 

思ったよりも段ボールの数が多くなってしまった場合、内見していなければ言い訳もできんじゃろう?

 

内見してもらっていれば、「荷物の量を見ましたよね?わざわざ家に来てまで見積もり出したんだから、追加料金なんてあり得ない!」と突っぱねることもできるじゃろう。

 

 

引越しの見積もりを出す上で内見は必須かどうか?

 

という質問に対する答えとしては、「必須ではないが、できればしてもらったほうが良い」というのが正解じゃな。

 

全社に来てもらう時間の余裕がないのであれば、候補を絞って、せめて2~3社には見てもらって比較したいところじゃ。

 

2社見てだいたい同じ金額ならそれがそのエリアでの引越しの相場じゃろうし、2社にかなりの価格差があるならもう一社追加して検討してみるが良い。

 

無用なトラブルを避けるためにも、面倒を避けてはいけないのじゃ!

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク