退去費用 結露

MENU

まじカビが生えてる!結露で退去費用が高額に?

「いざ退去」で懸命にお掃除をしだしたら、冷蔵庫の裏に結露のせいで大量のカビが・・・なんてことありますよね。

 

湿気の多い部屋や換気の行き届きにくい個所をうっかりカビさせてしまったら、やはり退去費用は「高額負担が当然」なのでしょうか?

 

湿気のために高額請求が・・?!

日本の住宅は、常に湿気との闘いですが、これはマンションやアパートという気密性が高い建物の場合でも同じことが言えます。

 

つまり、窓や壁にできる結露、そしてそれによるカビの発生、ひどい場合には湿気で壁や床が腐ってしまったりするときもあります。

 

カビが生えたくらいであれば、掃除をして何とか借主側での原状回復が可能かもしれませんが、建材が腐ってしまった場合には、退去費用はいかばかりかと心配になってしまいますね。

 

口コミによれば、

  • 「クロスやフローリングの張替え代金として、約7万円の請求があった」
  • 「~日までに修繕費用5万8千円ををお振り込みください、と言われた」

など、実際に支払い請求される事例も見られますから怖いですね。。

 

このような退去費用の請求があった場合、やはり借主が負担しなければならないのでしょうか。

 

借主の支払い責任はどこまで?

専門家の意見によると、カビや結露によるトラブルの大多数は借主が負担しなくても済むのだということです。

 

では、なぜ大家さんや管理会社から退去費用の請求が高額になってしまうのでしょうか。

 

結露によるカビなどの問題で高額な修繕費用を請求されてしまった人の場合、ほとんどの方が退去を決めてからの掃除で「初めて冷蔵庫の裏の建材が腐っていたことに気付いた」というような方が多いそうです。

 

つまり、見えている個所は結露やカビが発生していたら掃除や換気もできるとは思いますが、ついつい見えないところはうっかりし、見逃してしまいがちなのですね。

 

では、このような場合にはやはり借主が負担を余儀なくされるのでしょうか。

 

答えは、「基本的には支払い義務はない」となります。

 

しかも建物自体に欠陥があり、そのために結露やカビが発生した場合、貸主負担となるのが普通です。

 

たとえば、建物の構造上1階は湿気が多くて当然ですよね。

 

しかも日当たり悪く、いつも湿った状態の部屋であれば、いくら換気をしたとしても、そんな部屋で結露やカビを発生させないほうが不思議です。

 

また、カビなどが生えた場合、退去費用としてクリーニング代が請求されることがありますが、これも基本的に借主は支払いをする義務はありません。

 

物件は大家さんの「資産」

ただし、部屋を借りて入居している間にしておくべきことがあります。

 

というより、入居中にしておいたほうが絶対にお得だと言い切れるほどのことなのですが、たとえば、建材が著しく汚れてしまった場合、あるいは、傷んでしまった場合、それをいち早く大家さんや管理会社に連絡して、実際に見に来てもらうことが肝要です。

 

ということは、常日頃からカビや結露による影響をチェックしておくことが必要だということになります。

 

「そんなことをしているひまはない」というご意見もわかるのですが、気付かずに何年も放っておき、いざ退去の際に高額請求されるよりは、「日ごろからきちんと掃除もし、チェックもしていました」という借主側の積極的な姿勢も見せることで、交渉もすんなり進むというものです。

 

こういったことができず、うっかり見逃していたという場合には、退去時の立ち合いの期日までのできるだけ早い段階で、問題の現状を目視で大家さんや管理会社に確認してもらうことです。

 

基本的に、故意に傷めるような住まい方をしていなければ、借主は退去費用の支払いをしなくてもよいということは国土交通省のガイドラインでは示唆されていますが、借主側としても「借りているお部屋を大事にしています」という姿勢を日ごろから見せることで退去時の交渉も穏やかにいく・・・ということです。

 

大家さんも人間ですから、借りた人が大切にしてくれているという気持が伝われば、無理な請求もできないと思います。

 

物件を借りる際に「自分の財産を人に貸す」という気持を想像してみると、どのような使い方をしたらみんなが幸せになれるのか、ということが分かります。

 

自分だけ良ければOK!という個人主義も大切ですが、やはり社会は多くの人が関わりあって存在しているわけですから、100%自分だけOKであれば成り立つというものではありません。

 

渡しの場合は、その点(自分だけ良ければOKという考えを強く持たないこと)を忘れずに、「貸してもらっている」という気持を持つようにするようにしています。

 

そうすると、まめに掃除するようになりますし、借りている部屋の状態が気になるようになってきます。

 

特にカビの場合は、何日もカーテンを開けないということをしてしまうと、結露がどんどん蓄積して一発でカビの発生となりますから、まめにカーテンを開けて、換気をするようにしています。

 

私は今まで3回ほど引っ越しを経験し、10年以上賃貸生活ですが、カビが生えたりといったことは一切無く、高額な敷金請求もされたことがありません。

 

それは、上記の様な考えを持ち、借りている物件を大切に考えているからだと思います。

 

既にカビが生えてしまった人は、とにかくカビを落とすために掃除をする。

 

これから物件を借りる人は、「人様のものを借りる」という意識を持って物件を大切にする。

 

ということかなと、私は思います。

一人暮らしの総合情報

スポンサーリンク


関連ページ

引っ越し時の退居費用いつ払う?
退去費用のガイドライン入居者が注目すべきポイントは?
払うべきなのか退去費用で網戸修繕まで
忘れてた?!アパートの退去費用・払わないとだめ?
ペットのいるアパートの退去費用はいくらかかるのかチェック!
アパートの壁がタバコのヤニだらけ退去費用はいくら?
退去費用は分割で支払うのはワガママですか?
エッこんな退去費用は払えないよ、、そんな時どうする?
退去費用で多いトラブルを事前にできる回避策とは?
退去費用っていくら?え!こんなにかかるの?!
UR賃貸は家賃安いけど退去費用はどうなるの?
一年未満で引っ越し退去費用はどうなる?入居からわずかな期間
カビを発生させてしまった場合の退去費用について
敷金から退去費用とし引かれるエアコンクリーニング代とは?
エイブルだといくら払う?エイブルの退去費用相場について
退去費用に鍵交換費用が含まれてるけど納得出来ない!
退去費用でタバコの汚れによる壁紙の費用を検証
退去費用を抑える方法がコレ!高額請求されないために
前代未聞?!退去費用ウン十万円のキッチン
交渉で安くなる?退去費用やクリーニング代
県営住宅の退去費用はどれだけかかる?注意点は?
弁護士いらずで退去費用の裁判は起こせます
敷金なし物件の退去費用の相場は?敷金なしは注意が必要
3DKの退去費用の相場を知って退去費用の交渉に臨む
退去費用に畳変えは含まれるのか
賃貸物件で猫を飼っている場合の退去費用について
賃貸の退去費用は10年以上住んだらお得なの?
ペット可賃貸の退去費用は高め?
退去費用でトラブルになった場合に相談する先は?
退去費用に納得できないから払わない?退去費用を払わないとどうなる?
いくらかかる?1LDKの退去費用と相場
退去費用のトラブル対策として立会い時のポイントをまとめます。
ハウスメイトの退去費用を支払う時の注意点
フローリングの部屋の方が退去費用はお手頃なのか
退去費用は半年で出た場合は安い?
退去費用をなるべく払いたくない気持ち分かります!
退去費用のローンはある?退去費用が高額な場合の対処法
一人暮らし2LDKの退去費用いくらぐらいが妥当なのか?
退去費用でドアを直すといわれた場合の妥当な額は?
柱の退去費用について金額や交渉の余地は?
退去費用の不当請求とは?あなたの退去費用は大丈夫?
退去費用の返還は迅速に!実体験:退去費用の返還をしぶる不動産会社
アパートの退去費用のために保険に入るべき?高額請求に備える
マンスリーマンションの退去費用の妥当な金額は?
ミニミニの退去費用は高額になる?ミニミニの評判
水漏れだと退去費用が高額になる?早急な水漏れ対策が必要
退去費用を安くするには?退去費用とは何かを知って日々注意する
退去費用でユニットバスに関する金額と注意点
離婚後の退去費用どうする?離婚後だが円満に解決したい